INTERVIEW

0から始めた新ブランド

菅井 隆行

2014年入社

UNITED TOKYO CITY DIVISION MANAGER

SCROLL

PAST

NOW

VISION

新規事業立ち上げの誘い

PAST

NOW

VISION

新規事業立ち上げの誘い

新事業(UNITED TOKYO)を立ち上げるのでMDとして来ないか、と谷さんからお話を頂きました。当時からビジネス目線を持ち着実に結果を残している会社という印象があったので、とても魅力的なお誘いでした。自分のキャリアやスキルアップの面でも、新事業を0から立ち上げるという経験はとても貴重だと思い、お話を受けました。 新事業オープンの初日売上は、自分にとってとても大きいものでした。通過点に過ぎませんが、1から積み上げてきたものの1つの答えを見ることができて、自分の仕事により実感を持つことができたと思います。ブランドの根本にあるコンセプトはブラさず、一つひとつ積み上げていく。そのコンセプトを実現するための戦略や戦術は、常に修正を繰り返してブラッシュアップしていくことなど、新事業の立ち上げに際して学ぶことはとても多かったです。

PAST

NOW

VISION

良い物を作るためにコミュニケーションは欠かせない

PAST

NOW

VISION

良い物を作るためにコミュニケーションは欠かせない

2018年3月でUNITED TOKYOを立ち上げてから3年が経ち、年間40億の売上規模、海外進出・コレクションデビューを果たすまでに成長しました。成長する上で常に意識しているもの、それは、良い物を作るためのコミュニケーションです。社内の営業スタッフ、企画チームは無論、これは社外コミュニケーションでも同様です。取引先様がいなければ私たちは良い物を作れないわけですから、エゴな注文は絶対にしません。どんなに営業力があっても、どんなに商品力があってもいずれかが欠ければ事業としては結果悪い方向に転んでしまうのです。

PAST

NOW

VISION

第四事業の立上げ

PAST

NOW

VISION

第四事業の立上げ

STUDIOUS、UNITED TOKYO、CITYに次ぐ新規事業が今年ローンチします。ここでも、新規事業の開発を任せて頂き、目下の目標は当然このプロジェクトを成功させることです。目標達成のために必要なことは前述したコミュニケーション、そして、「お客様」をしっかり見ること。決して自己満足な貢献にならにように、どれだけお客様に支持されファンになってもらえたかを貢献の基準に。その為なら手段は選ばず、企画でも販促でも何でもやっていきます。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏