【新卒リレーブログ】アクションはしたもの勝ち

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

PUBLIC TOKYO EC事業部の木村遙です。

 

就活の話と、実際に入社し感じること、そして今後のVISIONについて書きたいと思います。

 

いきなりですが皆さん、1社目はとても大切です。

周りの目やステータスではなく、本当に自分が何をしたいのか本気で見つめてほしいと思います。

 

%e3%81%8d%e3%82%80%e3%81%af%e3%82%8b%ef%bc%91

2020年入社

上智大学 国際教養学部

PUBLIC TOKYO EC事業部

木村 遙

 

 

【就職活動】

私の就職活動はサークルの引退と共に、周りに合わせて始めたものでした。

真面目に自己分析をせず、周りに合わせて説明会にいき、周りに合わせてSPIの勉強を始めました。

今思うと、自分のための就活というよりは周りがやっているからやっているというものでした。

自分の中ではっきりしないまま6月を迎え、内定はもらっているものの自分がそこで働いている姿が全く想像できませんでした。

自分が本当にやりたいことはなんなのか?

やっとそこから真剣に考えるようになりました。

 

やっぱり「好きなことに携わって生きていきたい」と強く思い、大学時代に4年間アパレルでアルバイトをしていたものの全く見ていなかったアパレル業界に絞り、再度就活を始めました。

その時に出会ったのがTOKYO BASEでした。

TOKYO BASEが掲げる圧倒的結果主義は、今までのアルバイトやサークルでの活動の中で結果に拘り続けた自分の性格にとても合っており魅力的でした。

そして、アパレル業界の社会的地位向上や世界10大都市出店を目標に現在進行形で世界進出を進めている熱い想いを知り、どんどん惹かれていきました。

この会社であれば必ず成長できる、ここで働きたいと強く思いTOKYO BASEへの入社を決めました。

 

 

 

 

【入社後】

現在はPUBLIC TOKYOのEC事業部に所属しており、日々の売上管理・在庫管理からサイトのコンテンツ制作・撮影、に携わっています。

入社1年目から自身が希望していたEC事業に異動でき、刺激的な毎日を送っています。

 

もともと入社時はUNITED TOKYO池袋店配属でしたが、入社2カ月目に緊急事態宣言の影響で店舗が閉まり自宅待機の期間が始まりました。

内定者アルバイトをしていなかった私は、とにかく内定者アルバイトをしていた同期との差に焦っており、この期間に自分の力になることが出来ないかと思い、自粛期間でも動いていたEC事業部へのヘルプを自ら志願しました。

もともとECに興味があったのももちろんですが、この時は何も出来ない時間がもどかしく、新卒のこの貴重な時間を無駄にしたくない!の一心でした。

結果主義だからこそ自分の発言力には意味があると信じて自粛期間中も自分なりに行動した結果、緊急事態宣言がとかれた直後、PUBLIC TOKYO ONLINE STOREへの異動が決まりました。

あの時自宅待機の中で何も行動することが出来ていなければ私はただ「ECに興味があって~」と周りに相談はするものの、特にアクションを起こさない、理想を語っているだけの新卒だったと思います。

 

EC事業部では自分の取るアクションがとても速く売り上げに直結します。

自分のアクションに対しての結果もとても明確に数字に表れます。

ECに異動して約半年、自分がやるべきこと、自分が得意なことが少しずつ分かってきてなおさら毎日が楽しいです。

 

その商品を売るための販促案は本当にそれでよいのか?

 

どのような撮影方法が良いのか?

 

商品の魅力はそのページですべて伝わるのか?

 

自分に出来ること、考えられることがたくさんあります。

裁量権をもって働けるこの環境で少しでも売り上げを上げるためのアクションに対して今後も愚直に行動していきたいです。

 

 

 

【今後について】

「個性を持ったブランドはどういうブランドなのか」

 

「個性のあるサイトとはどういったさいとなのか」

 

この課題を考える時間が最近とても多いです。

PUBLIC TOKYOをもっと世間に知られるためにはどうしたらいいのか、数あるブランドの中でPUBLIC TOKYOを差別化するために自分が出来ることはなんなのだろうか。

自分一人だけでは到底答えが見出せそうにない課題ですが、この課題に対して考える時間、勉強する時間がとても楽しいです。

現在のアパレルブランドは大体が同じ作りになっていて、商品の雰囲気で個性を出しているところが多いです。

PUBLIC TOKYOの個性をどのようにしたら演出できるのか、PUBLIC TOKYOの個性を見つけること、そしてPUBLIC TOKYOの個性が伝わるサイト作りを出来る人材になること、これが現在の私の目標です。

%e3%81%8d%e3%82%80%e3%81%af%e3%82%8b%ef%bc%92

 

最後に、この会社は本当にアクションしたもの勝ちだと思います。

 

自分の挑戦したいことに対してのアクションが取りやすく、そして新卒でも十分に裁量権があります。

ちょうど一年前にはやりたいことが分からず迷走していた自分でさえも今では明確な目標が生まれています。

 

自分の為の人生、自分の為にアクションしたもの勝ちです!


就職活動で悩んでいる方がいればいつでもインスタでメッセージをお待ちしてます!

@haruka__kimura

 

 

LIST