【新卒ブログリレー】見た目ロマンチスト、中身リアリストなプレス志望ガール

リクルートブログをご覧のみなさんこんにちは!
UNITEDTOKYO WOMENS 池袋パルコ店勤務の加賀谷有希(かがやゆき)です!

友達や会社のみなさんには“がや”って呼ばれておりますので、ぜひ“がや”で覚えてくださいね。
女の子らしくない可愛気のないあだ名ですが、とっても気に入っています。
がやって呼んでいただけるの結構嬉しいです。笑
 %e3%81%8c%e3%82%841

2017年新卒入社社員
尚美学園大学卒
UNITED TOKYO 池袋店勤務
加賀谷 有希


リレーブログ、ついに私の順番が回ってきてしまったわけなのですが、、
せっかくブログを書かせてもらうからには、
私なりに18卒の皆さんに伝えたいことを残そうと思うので、読んで頂けると幸いです!

ちなみに私は難しい話を語ったりすることはできない性質なので、、笑

なぜ私がTOKYOBASEを選んだのかを軸に 
・私の学生生活と就活について
・入社して感じたこと
を書こうと思います!

 

・学生生活と就活
私は大学4年間サークルにも入らずほとんどバイトか遊びの日々を送っていました。

昔から服が好きで服に関わる仕事をしたいと思っていたので、
大学ではファッションビジネスや広告などを学び、放課後は某アパレルショップのバイトで学んだことをアウトプットするような生活をしていました。
 

%e3%81%8c%e3%82%842%e3%81%8c%e3%82%843


4年近く続けたので、いつの間にか学生バイトながらに店長の次に長い長老的なポジションになっていました(笑)
しかしその分様々な仕事を任せてもらえましたし、そのブランドが好きだったので、そのままそこの会社に就職することも考えていました。
でも、このまま同じ環境で続けて私は成長できるのか、
どこかで学生気分のままになってしまわないだろうか、
長くやった分の慣れが自分を甘やかしてしまうのではないか、
本当にやりたいことをできる環境なのか、、
と考えるようになりました。


就活が始まってもやはりアパレルのみで受けていたのですが、

説明会や面接を進めていくうちにその会社の「色」がだんだんわかってきたんですよね。

 

私が3月に就活を始めて行った1番最初の説明会がTOKYO BASEの説明会だったのですが、そこで私が心を動かされたのは、みんなもそうだと思いますが、やはり「結果主義」という当社の社風です。それが頭からずっと離れなくて、その後何社か説明会には足を運んだのですが、正直どこも似たり寄ったりでとびぬけて印象に残るということがありませんでした。


アパレルのアルバイトを長く経験し、たくさんの人を見てきたましたが、やはり上に上がったり役職についたり、自分のやりたい職につくということがとっても難しい業界だというのは肌で感じていました。いくら頑張って結果を出していても年功序列だったり、大手アパレル企業だとやりたい職の枠がすでに埋まってしまっていていつまでも枠が空くのを待たないといけなかったり、、それが何年かかるかもわからないまま働き続けて自分のモチベーションは保てるのかな?と思ってしまいました。
そのような環境下では、そのまま変わらない日々を過ごして向上心もいつかなくなり、現状に満足してしまっている自分が容易に想像できてしまいました。

 

私はプレスになってブランドを自らの手で広めるお仕事がしたい、それをばんばん動ける若い間に行ないたい、という気持ちが強くありました。就活を進めていく上で1番重要視していたのはプレスになる最短ルートです。

そこでTOKYO BASEの結果次第でいつでも自分のやりたいことをやらせてもらえる環境はとても私の中で魅力的でした。

 

それから無事5月に内定を頂いたのですが、その後も実は就活は続けていました。
他の会社も見てやっぱり自分はここしかないと確かめたかったのかもしれません。
他に何社か内定を頂いて悩んではいたのですが、最終的に決め手となったのは人でした。

 

悩んでいたことを人事の方々に相談すると、その悩みの先を見越して、内定者の時点で先輩社員のみなさんと飲みに行く機会を作ってもらったり、会社のプレスの方に直接話を聞かせてもらえるようにセッティングしてもらったり、私と同学年の17卒説明会にお手伝いスタッフとして参加させてもらって改めて会社の説明を聞けるようにしてもらったり、全力で私の悩みに答えてもらいました。
そんな段階の内定者に対して全力で協力してくれる会社ってなかなかないと思います。先輩社員のみなさんに直接リアルな話を聞くことができて、悩みの解消に大きくつながったし、たくさん刺激も受けました。

 

そして、同期。みんな厳しい面接を通って集まっているので意識がとても高く、やりたいことへの本気度がいままで出会った同い年の人たちより段違いでした。みんな学生時代に様々な経験をしていてその話を聞くだけでも刺激がもらえるし、自分も頑張らなきゃっ、て思えます。みんな結果を出すために全力で頑張っていて、こんなに同じ意識を持った人たちがたくさん集まっているところは他ではなかったと思います。

ここまで刺激を受け続けられる環境ってなかなかないと思うし、本気でやりたいと思える夢を実現するために、会社に身を置いて自分に厳しく結果を出せる人になりたい、と改めて再確認でき、入社を決めました。

 

・入社して感じたこと

私を含め、働くスタッフはみんな店舗で結果を出すために日々売り上げを追っています。私は、それにプラスしてSNSにもっともっと力を入れて、微力ながらUNITED TOKYOというブランドを広めるための広報を店舗にいながら行なっています。そしてお客様の声を1番近くで聞くことができる店舗で吸収できることを吸収しまくってます!このように仕事をしながら自分をアピールするポイントを探し、どんどん発信をするのも大事です。

%e3%81%8c%e3%82%844
 

チャンスがたくさんある環境ではありますが、もちろん簡単に掴めるわけではありません。たくさん勉強して努力をして結果を出してこそやりたいことをやらせてもらえるし、自分の話も聞いてもらえるし、そのためにはなにを頑張ればいいのかも先輩方は全力で教えてくれます。
社内の風通しもびっくりするぐらいいいです(笑)いくらでも先輩方に自分をアピールすることができるし、しっかりアポイントをとればいつでもみなさん飲みに連れていってくれたり、相談にも乗ってくれます。


そして1番感じるのは、やりたいことのために本気で仕事をしていて、常に意識が高いスタッフが多いこと。いままでバイトでこなせていたことが急に難しくなるし、必死にならないとすぐ置いていかれるし、迅速に反省を行動に移さないと結果にはなりません。無駄な自信は捨てて、全部吸収してやる!って姿勢で臨まないとすぐに潰れます。私は自分の中で自分を追い詰めて頑張っています。笑

 

仕事をしていると自分の中で毎日新しい発見があります。
たくさんトライして先輩にアドバイスをもらって改善を繰り返すことで売り上げを伸ばすことができたり。
もちろん日々悔しい思いをすることもたくさんあります。でもそれがあるからとても充実しているし、なにより本気で接客をするとお客様からもうれしい反応が返ってくるのでやりがいを感じます。
今とても楽しいです!!

 

最後に!

本当にまとまりがなくてすみません、、笑
この会社を受けている人は、プレス、バイヤー、企画、店長、さらに独立したいという夢がある方、様々たくさんいると思います。

自分のがんばり次第でいつでもチャンスはあるし、夢を叶えるために最高な環境であることは間違いないですよ。

本気でやりたい方ぜひお待ちしてます!!

もちろん、私もUNITED TOKYO池袋パルコ店にいるので就活の相談いつでもしに来てくださいね!インスタのDMでも大歓迎です!

大事なのはいますぐ行動する行動力だと思います!


※先輩に「がや、ちゃんと文章書けけるの?笑」と心配されていたのですが(笑)
読みづらい部分も多かったと思いますが、、書けてよかったーー!笑


このブログを読んでいる18卒のみなさんと一緒に働ける日をたのしみにしてます!!!

%e3%81%8c%e3%82%845

UNITEDTOKYO WOMENS 池袋店
加賀谷有希 @unitedtokyo_kagaya


18新卒採用会社説明会
 
当社の会社説明会では、社員総会で話をしていた当社代表取締役CEO・取締役兼商品部・EC事業部部長が直接皆さんにお話させていただきます。
 2018年卒業予定の方なら誰でも参加可能です!
 
6月最終会社説明会の日程を追加いたしました!
当社の新卒採用は6月をもちましてエントリーを終了させていただきます。
 
会社説明会のご予約は
リクナビ2018マイナビ2018より!

 

LIST