【新卒リレーブログ】サッカーに明け暮れた日々、スタンドで見た全国優勝

ブログをご覧のみなさんこんにちは!

富山県出身!現在、STUDIOUS TOKYO 名古屋店に務めている佐伯虹彦です。

この場を借りて、TOKYO BASEに入社するまでの経緯をお話ししたいと思います。

 

<学生時代>

私は、小学一年生から大学三年生までサッカーしかしてこなかった体育会系の学生でした。

 

%e4%bd%90%e4%bc%af

2018年新卒入社

富山大学 経済学部卒業

STUDIOUS TOKYO 名古屋店

佐伯 虹彦

 

 

 

この写真は、富山第一高校3年時に全国高校サッカー選手権で優勝した時の写真です。

しかし、この写真に私の姿は写っておりません。

 

自分の実力不足で、大会のメンバーに入ることが出来ず、スタンドで応援していました。

全国制覇したという嬉しい気持ちと、ピッチに立てなかった絶望の気持ちが入り混じった今まで経験したことがない気持ちを味わいました。

 

今思えば、あの瞬間が人生で初めての挫折であり、TOKYO BASEへ入社する伏線であったと思います。

全国制覇をし、地元に帰ると徐々にサッカーへの熱が冷めていき、大学受験を前に勉学に励むようになりました。

 

その後、県内の国立大学に合格し、サッカー以上に夢中になるファッションに出会いました。

自分の人生を豊かにする洋服と出会い、熱中し、将来は洋服に携わる仕事をしたいと強く思うようになりました。

 

 

<入社するきっかけ>

地方の学生で、県外にでたことがなかった私は。閉鎖的な考え方のもと就職活動をしていました。

自分の生まれ育った地、富山で就職し、仕事だからとやりたくないことをして一生を地元で終える、という考えでいました。

 

しかし、ファッション好きの大学の友人から<TOKYO BASE>の採用ページを見せられた時、その自分の考えに違和感を感じ始めました。

 

「結果主義」

 

と大きく書いてあったWEBサイトに衝撃を受けると同時に、この会社にエントリーしていました。

 

「この会社であれば、自分が熱中しているもので再び勝負が出来る。」

「次は自分の足でピッチに立って優勝ができる。」

 

中高校時代の時のように時間を忘れ、競争環境の中で自分を成長させ、

サッカーで成し遂げられなかった大きな夢をファッションで叶えようと強く決心し、入社することを決めました。

 

 

exif_temp_image-1

 

<現在>

毎日が刺激で溢れる日々です。

自分が求めていた職場環境でしたが、社会での競争環境の中に身を置くことは、自分が考えていた以上に厳しいです。

ですが、それ以上にやりがいがあります。

 

上手くいかないこともありますが、トライ&エラーを繰り返し、結果を出すためにがむしゃらに働いています。

是非、STUDIOUS TOKYO名古屋店までお越しください。

 

お客様をはじめ、上司、同期、後輩に学びを与えられるばかりですが、すべてしっかり還元していきますよ!

 

img_3164

 


【20インターシップ情報】

~INTERNSHIPセミナー~

–東京–

■10月11日(木)17:00-18:30 @東京

■10月19日(金)17:00-18:30 @東京

■10月26日(金)17:00-18:30 @東京

■10月30日(火)17:00-18:30 @東京

–大阪–

■10月5日(金)15:00-16:30 @大阪

■10月19日(金)17:00-18:30 @大阪

 

ご予約はリクナビ2020マイナビ2020から!!

 

【19新卒採用情報】

~現在予約受付中~

■10月9日(火)17:00-18:30 @東京

■10月18日(木)17:00-18:30 @東京

 

ご予約はリクナビ2019マイナビ2019から!!

LIST