【就活コラム】アパレル業界解説②~日用品と嗜好品編~

 

ブログをご覧の皆さんこんにちは! 

TOKYO BASE人事の網谷です。

  

前回のブログではアパレル業界を縦軸から解説していきましたので、 

本日は横軸から少し見ていきたいと思います。

 

 

%e6%a5%ad%e7%95%8c%e6%a8%aa%e8%bb%b8

 

  

「日用品」と「嗜好品」

 

この違いって考えたことありますでしょうか?

 

衣食住というくらいなので、衣服って生活に欠かせないものですよね。

服を着ないで 外を出歩くことは許されませんし。

でもここでいう衣服は機能性を重視し、必要に迫られるものであり、

その地の気候や文化をダイレクトに反映して作られるものです。

 

「楽しむ」「着飾る」こういった言葉とは遠いところにあるもの、 

それが「日用品としての衣服」

 

 

こちらは、すでに求められる形がある程度かたまっているので不変的、

そして誰しもが手の届く範囲の値段で提供されることが求められます。

 

 

そしてそれとは別に存在するのが「嗜好品としての衣服」

 

あえて言います。

この衣服は生活に絶対的に必要なものではありません。

何度も繰り返し買い換えられる値段ではありませんし、

「おしゃれは我慢」ともよく言いますが、時には機能性を無視したデザインも見られます。

 

でもその衣服を「見る」「買う」「着る」ことでディズニーランドに行ったような、高級ホテルに泊まったような、ある種の「高揚感」を感じることができる。

 

それが「嗜好品としての衣服」です。

 

 

アパレルというくくりでみるとどちらも含有されます。

ただ冷静に考えると、日用品としての衣服と嗜好品としての衣服はターゲットもその目的も全く違うもの。

 

 

皆さんは「アパレル」が好きなのでしょうか、それとも「ファッション」が好きなのでしょうか。

もし、広い意味での洋服に携わりたいのならば、縦も川上から川下まで横も日用品から嗜好品まで幅広く見てみるといいかと思います。

 

もっとも、「ファッション」を手段としてビジネスがしたい。 

そう考えているのであれば、皆さんの考えるファッションは『川下×嗜好品』のところにしかないと思ってください。

 

 

 

ぜひこういったことも考えながら業界研究していただければと思います。

もう少し踏み込んだお話については、現在開催中の2020INTERNSHIP SEMINARでお話させて頂きますので ご興味のある方は是非一度参加してみてくださいね!

 


20インターシップ情報】

INTERNSHIPセミナー~

–東京–
127日(金)17:00-18:30 @東京
1211日(火)17:00-18:30 @東京 NEW
1215日(土)17:00-18:30 @東京 NEW
1218日(火)17:00-18:30 @東京 NEW
1221日(金)17:00-18:30 @東京 NEW

 

–大阪–

126日(木)17:00-18:30 @大阪

 

ご予約はリクナビ2020マイナビ2020から!!

 

19新卒採用情報】

~現在予約受付中~

本選考いきなり一次面接

ご予約はリクナビ2019マイナビ2019から!!

 

LIST