社員紹介ー『日本初を世界へを体現する男ー小池秀平』

リクルートブログをご覧の皆さん、こんにちは。

人事部の、野村です。

お待たせしました!今回は大好評、先輩社員のご紹介です。

 

 

渋谷パルコがリニューアルオープンした昨年11月。

新卒1年目ながら、立ち上げ店長に大抜擢された小池秀平さん。

彼の成功の秘訣と、今後のVISIONについて答えていただきました!!

 

 

 

%e5%b0%8f%e6%b1%a0%ef%bc%91

 

2019年入社

店長 小池秀平

 

 

 

入社を決めた理由

「from JAPAN to the WORLD」 これが僕がこの会社に注目した1番の理由です。

海外に数年いた私はそこで”日本という国の素晴らしさ”を多方面で感じました。 食、テクノロジー、文化など世界的に高い評価を受けている日本の中でも、私は”日本の個性”という点に目をつけました。さらにその個性はファッションからあるものだと考えて、日本の物作りや日本のファッションの世界観を世界に広げたいと感じました。 それが私がこの会社を選んだ1番大きな理由です。

 

 

 

入社からこれまでのキャリア

私は、店長になるまで、STUDIOUS新宿店、STUDIOUS TOKYO 神南店、STUDIOUS原宿本店の3店舗を経験しました。

その中で、最も拘ったのは継続的に数字を取ること。ただ単月で大きな数字を取るのではなく継続的にお客様を幸せにし続けることだけに注力しました。正直、継続性のない単月の大きな数字を取ることは簡単です。いかに数字を生み出し続けられるか、どうしたらよりお客様を引き付けられるか日々トライ&エラーを繰り返し、数字を出し続けてきました。時には、実際にバイイングに同行しブランドの良さを肌で感じたり、お客様に提案する在庫も自ら管理していました。

その結果、店舗が変わっても僕についてきてくれる多くのお客様を獲得し、どの店舗でも結果を出せたのだと思います。

 

 

 

%e5%b0%8f%e6%b1%a0%ef%bc%92

 

 

 

 

これからのビジョン

私の目標は先にも述べましたが、日本の個性や独自性を世界に広げて行く事です。 年々インバウンドが増えている中、私がしていく事は大きく2つあります。

まず1つ目がインバウンドに対して自社の紹介、日本のファッション、日本の文化を発信する事。 2つ目は、日本人をオシャレにする事。 外国人がまず他国に行き、まず何を見るかと言うと、人です。個性、独自性を発信するのであれば、まず日本人がオシャレでいなければなりません。 要するに私は、日本人を、日本を世界No. 1のファッション大国にし、世界を驚かせます。

 

 

 

%e5%b0%8f%e6%b1%a0

 

 

 

TOKYOBASEには、年次関係なく活躍できる環境があります。

小池君のような若手社員も登壇する、限定の本選考説明会が1月から開催しております!

2月日程も残席わずかです!!

まずはエントリーから!!!!

 

 

⇒ご予約は、リクナビ2021マイナビ2021から!!

 

LIST