社員紹介-『VISIONの実現へ!行きつく先はどう死にたいか!-鈴木綾介/明治大学卒』

 

リクルートブログをご覧の皆さん、こんにちは。

人事部の、野村です。

お待たせしました、先輩社員のご紹介です。

STUDIOUS名古屋パルコ店のマネージャー、鈴木さん。

二つの事業部を経験し、4つの店舗で店長を経験してきた入社4年目の想いとは!

今回も、

①入社を決めた理由②入社してからこれまでのキャリア③今後のビジョン

この3点からご紹介いたします。

 

 

 

 

s__33832981

2017年入社

明治大学 政治経済学部卒

店長 鈴木綾介

 

 

 

入社を決めた理由

 1つしかありません。それは自分の夢の実現に最短距離になると考えたからです。

 学生の頃から、若くしてアパレルで独立をしたいと考えていました。小さい時からサッカーをやっていた自分にとって、好きなことで稼ぐというコトは、ある種プロサッカー選手になるのと同じ感覚でした。しかし、一般的なアパレルでは年功序列な部分が強い。例えば、30歳で店長、40歳でバイヤー、その後に独立。

 迷いはありませんでした。夢をかなえるためにはこの会社しかないと思いました。

 

 

入社からのキャリア

 入社して4年が経ちましたがSTUDIOUSとPUBLICTOKYOという2つの事業部、そして合わせて4店舗で店長を経験しました。初めて店長を任されたのは、STUDIOUS2nd。新卒2年目になったタイミングでした。

 正直、入社してから巡分満帆だったかと言ったら嘘になります。店長としての難しさも経験していますし思い通りにならないこともたくさんありました。ただその中でも、新宿や名古屋といった予算規模の大きなお店を任せてもらえていることで自分の夢がブレずに仕事に取り組めています。結果を出し、スピード感をもって成り上がっていく同期もたくさんいました。焦りやいら立ちももちろん感じましたが、仕事をする上で比較対象にしていたのは同期やその瞬間の結果ではなく、未来の自分です。

 あくまで目標はアパレルで独立し、成功すること。

 そのために、トライアンドエラーを繰り返し、必要な力を吸収する毎日です。今は着実に階段を上っています。

 

 

 

s__33832984

 

 

 

これからのビジョン

 働いていく中で、自分のVISIONの本質に気付きました。それは、「好きなことをやって誰よりも幸せな暮らしがしたい」ということです。僕にとって独立は、幸せになるための単なる手段にすぎません。

 きっと今、就活をしている皆さんの中にも、

「独立がしたい」「ブランドが持ちたい」「お金持ちになりたい」いろんな想いを持った方がいると思います。

 僕からのアドバイスは、是非その本質を考えてみてくださいということ。

 独立することが目標の人に独立なんかできません。独立してどうなりたいのか、究極どうやって死にたいのか。そこまで掘り下げて考えた先に自分のVISIONの本質があると思います。正直、この会社でどうなりたいか目標が明確なわけではありません。ただ、僕の本質を満たすことのできる環境、そして経験、知識は確実にこの会社でしか吸収できないと思っています。もちろんその吸収スピードも含めてです。

 今は、それを実現する最も最適な手段をこの会社で見つけていきたいと思っています。

 

 

 

TOKYOBASE各地で本選考説明会開催しております!!

若手社員、弊社CEOが登壇するスペシャルな会もご用意しております。

新しくオープンした日程も含めて、かなりお席が限られてきておりますのでお早目のご予約を!!

詳細はリクナビ、マイナビから!

リクナビ2021マイナビ2021

 

 

LIST