【就活コラム】自己分析していますか??

ブログをご覧の皆さんこんにちは!

株式会社TOKYO BASE人事の野村です。

 

就活が解禁してはや一か月。

皆さん、就職活動は順調に進んでいますか? 

順調に進んでいる方、そうじゃない方それぞれいると思います。

ではその差は何なのか、、

 

この時期の就活生にあるあるなこととしては、

 

■とりあえず、一括エントリーで複数企業にエントリーしたはいいが、情報過多でどこの企業をみるべきなのかわからない

■とりあえず、3月は就活期初期だしひとまずいろんな企業の説明会でも行ってみよう

■とりあえず、四季報やら就活本でも買っておくか

・・・

 

といったところ。

 

こんな3月を過ごしてしまいませんでしたか??

 

 

 

 

 

pixta_24406657_m

 

 

 

 

 

もしこのブログをお読みの方で上記パターンに身に覚えのある方がいたらぜひ一度立ち止まってみてほしいと思います。

一括エントリー:表層的な志望企業だけが増え本来選考にいくべき企業を見失います。

説明会:参加することが目的となって内容を掴めない。就活を頑張っている気になる。

四季報:目的意識をもっての情報収集であればよいですが、そうでなければ時間の無駄です。

 

 

「じゃあ何しろっていうんですか」

 

 

という問いに対して、ズバリ言うと【自己分析】です。

自己分析に関しては耳に胼胝ができるレベルで聞いているでしょうが、

敢えて言わせて頂くと、もっともっと考えてください。

 

 

就活する際に一番時間をかけるべきは、自己分析です。

自己分析が120%できていれば内定を効率よく獲得することができるでしょう。

自分自身の過去・現在・そして未来(プライベート/ビジネス)について深く深く深く考えてください。

 面接をしていて、よく耳にする言葉、

「経験」「知識」、、

すごく便利な言葉です。

 

なんとなく使っている言葉ですが、本当にその経験、知識が自分にとって必要なのか、考えてみましょう。

例えば、将来プロ野球選手を目指していたとして、高校でサッカー部に入るでしょうか。

もしも、究極に深堀し、自己分析の結果、

「日本を代表するキャッチャーになるために、強靭なフィジカルと当たりの強さが必要だから、高校3年間はサッカーをやる!」

ぐらいはっきりした理由があれば、もしかしたらその経験が意味のあるものになるかもしれません。(基本的にないでしょうが、、) 

かなり 極端な例ですが、会社選びも同じです。

 

いきなり将来は宇宙に行きたいなんて言わないでください。

もし本気で行きたいのであればWHYWHYWHY?自問自答を繰り返し本質的な理由を探って下さい。

そして、

その夢から逆算した時にファーストキャリアとして合理的と思われる企業(環境)だけを見てください

 

そのロジックの下、もしあなたのファーストキャリアとしてTOKYO BASEが合理的環境だと思われるのであれば是非選考にお越し下さい。

 

 

 

 

%e8%9c%b7%e5%8f%b0%ef%bd%b8%e3%83%bb%e8%9c%b7%e5%8f%b0%ef%bd%b8%e3%83%bb-240

 

 

 

  

弊社は上が詰まっている年功序列の環境ではなく、【結果主義】の環境。

スーパーバイザーになりたい方も、バイヤーになりたい方も、ブランドディレクターになりたい方も、その方向性を自らの行動と結果で決めていけます。

 

・入社半年で店長

・2年目で海外事業

3年目でバイヤー

・4年目で部長

 

既存のアパレル企業では考えられないキャリアパスがあります。

 

 

ただの服好きはいりません。

 

ファッションを使って成し遂げたい野望がある方、

 

その野望のために、

自ら能動的かつ迅速かつ柔軟に動ける方、

そして【圧倒的結果主義】の方、

 

TOKYO BASE 2021年度新卒採用本選考にてお待ちしています。

 

 


【21本選考情報】

~現在予約受付中~

<東京>

3月31日(火)17:00-18:30 

■4月3日(金)17:00-18:30 

 

<大阪>

■4月2日(木)17:00-18:30 

 

  ご予約はリクナビマイナビから!!

 

 

 

LIST