【就活コラム】20代圧倒的成長環境

ブログをご覧のみなさん、こんにちは!

人事の村瀬です。

 

本日はタイトルにもある通り、TOKYOBASEが誇る成長環境に着目したいと思います。

手前みそにはなってしまいますが、我々TOKYOBASEは2020年1月にWWDより発表された「ファッション業界 働きがいのある企業ランキング」で、「20代成長環境」部門の1位をいただきました。

業界内外からこのように評価される所以を、

いくつかのキーワードに関連させて詳しく説明していきたいと思います。

また、

「20代成長環境」1位/TOKYO BASE【ファッション業界 働きがいのある企業ランキング】

をご覧いただけるとさらに「環境」を理解できると思いますので、ブログと合わせて是非リンクもチェックしてみてください!!

 

 

1%e4%bd%8d

 

 

裁量権の大きさ

TOKYOBASEの働き方の最大の特徴は裁量権の大きさです。

自分で考えてゴールのために意思決定を行い、仕事を進めてもらいます。

例えば、皆さんが一番初めに経験するであろう販売職。

そもそも当社では店舗スタッフを「販売職」とは呼びません。「営業職」と呼んでいます。

というのも当社の営業職は販売だけをやるわけではありません。売上という結果を出すために、店舗でのイベントの企画・その為の展示会同行での商品選定・SNSを使用した販促・商品企画などに携わっていくのです。

展示会参加などは他社では10年経ってやって同行できるというのもざらにある話ですが、当社では1年目が参加することは稀ではありません。

また、他社さんだと職種として存在する「VMD」。TOKYOBASEにこのような職種はありません。営業スタッフが前年や他店の動向、現場を肌で感じて自らヴィジュアルを組んでもらいます。

そのため、同じ業態だとしても一つとして同じ店舗はありません。一個店のオーナーとして多方面から自店の売り上げを最大化するための施策を練っていきます。

この様に若いうちから様々な業務に携わってもらい、成長を促すようにしています。若手の早期の戦力化は会社の成長にも直結します。

 

 

%ef%bd%b5%ef%bd%b0%ef%be%85%ef%bd%b0%ef%bd%bc%ef%bd%af%ef%be%8c%ef%be%9f%ef%be%92%ef%be%9d%ef%be%84

 

 

1人当たりの生産性

当社ではよく生産性に関する話が上がります。従業員一人当たりがどれだけの成果を残しているのかを数値化するのです。

過剰な人員体制で過度の人員体制をひき分業制を進めるのではなく、最低限の少数精鋭のチームを作り1人がたくさんの業務を担当・経験する仕組みにしています。そうすれば当然1人が経験する幅は広がり、間違いなくスピード感を持って成長しています。

しかしその分、1人が持つ責任は大きくなってしまいますし、1人が抱える仕事の量も増えてしまいます。それでも若いうちから必ず成長したい、活躍したいという方には最適な環境なのではないでしょうか。

また生産性が上がることの恩恵は、1人の仕事の経験が増えるだけではありません。少数精鋭でも過剰な人数体制のチームと同等の結果を求めるので、結果が出ればその分見返りも大きくなる。給与の振り分けが大きくなるということです。決して給与が高いということが全てにおいて良いということではありませんが、仕事の結果としてスキルアップもできる、かつ数値的に表れることは、ビジネスマンとしての喜びになるとも思います。

 

 

 

 

 

結果主義

結果主義は皆さんも知っていると思うのですが、当社が最も大事にしている評価の概念です。

社歴や性別なんか関係なく、成果を出した人間を正当に評価するということです。この評価方法は若手社員の成長につながっていると我々は考えています。社歴なんか関係ないということは、全ての社員が同じテーブルに乗っているということなんです。なので結果を出せば先輩を差し置いて昇進することもたくさんあります。そうすれば自動的に新しい領域に挑戦しなければいけなくなるので、新しいスキルを手に入れることになるのです。もちろんすべての人がこれに該当するわけではないですし、チャレンジ先で全ての人が成功するわけではありません。しかし、チャレンジをし続けられる環境があるからこそ、若手にたくさんのチャンスを与えられています。

当社が大切にしている「結果主義」は若手の成長の礎になっています。

 

 

%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab

 

 

この様にTOKYOBASEは若手の社員に対して積極的にチャンスを与えるようにしています。

それは代表の谷のある言葉から来ています。

「ファッション業界に大器晩成はない」という言葉です。

常に新しいもの・ことをキャッチし発信する業界であるファッション業界では若いうちにどれだけの経験を積むかが命、年を取ってからでは時代についていけなくなってしまうということです。全ての社員に早い段階での成功を約束することはできません。しかし、自分次第でほかの人よりも圧倒的なスピードで様々なチャレンジをできるのがTOKYOBASEの良い所だと自負しています。厳しい部分もあるでしょう。

でもそれすらも楽しいと思えるほど、好きなことを仕事にして、仕事に熱中してみませんか。

 

私たちはそんな野心のある方を待っています。

是非説明会・面接に進んでTOKYOBASEの雰囲気を肌で感じてください。

LIST