社員紹介『新卒入社2年目でバイヤーに!憧れから掴んだ新たなる挑戦』 STUDIOUS バイヤー

リクルートブログをご覧のみなさん、こんにちは。広報の村瀬です。

 

入社2年目という早さでバイヤーの座を掴んだ阿部くんに入社後の働き方についてインタビューしてきました。

バイヤーに興味がある方、必見です!

興味がない方も読んでいただくと、TOKYO BASEの文化を理解していただけると思います!

 

 

0p4a0914

 

Profile

STUDIOUS MENS バイヤー 阿部桂秋 24歳

2019年新卒入社。STUDIOUS原宿本店に配属後入社半年で福岡店店長に昇格。

その後ルクア大阪店に異動し、

南堀江店店長を務め2021年1月にSTUDIOUS MENSバイヤーに就任する。

 


 

 

もともとバイヤーを目指していましたか?

 

はい、目指していました。バイヤーを目指したきっかけは、シンプルに憧れです。

華があってかっこいいですし、大事な商品に一番影響力があると思ったからです。そして、バイヤーになりたかったからTOKYO BASEにも入社を決めました。

アパレル業界はキャリアを築くのに時間がかかるというイメージが強かったのですが、当社は“結果主義”なので自分次第でいくらでもチャンスが掴めると思い入社しました。リクルートブログを読んで入社1年目でも店長になれる環境があると知り、すごく魅力的でした。

こういった社風だから24歳の僕もバイヤーになることができた思います。

 

 

 

何故バイヤーに2年目で抜擢されたと思いますか?

 

入社して約半年後には店長、2年目でバイヤーと聞くと、人よりも多くの成果を出し成功し続けたからと思うかもしれませんが違います。

逆で、僕は短時間で多くの失敗をしたからその分成長でき抜擢していただいたんだと思います。

 

例えば入社当初、全く売れなかったんです。初月は同期の中でも最下位くらいでした。

学生時代服屋でアルバイトしており、自分の接客スタイルをなかなか変えれなかったのが原因でした。しかし、このままだとやばいなと感じて、根本的な考え方を変えようと努力しました。

例えば、当社は仲良くなったお客様とラインを交換し連絡をすることが当たり前なんですが最初はとても抵抗がありました。しかし、ふと自分がお客さんで憧れてしまうような店員さんに連絡先聞かれ、いい服揃いましたなどの連絡がきたら嬉しいなと思ったんです。そこから接客スタイルもそこに向かった接客に変わり、顧客様が増えていきました。

徐々に上手くいくようになったのは3か月目くらいです。

 

そして店長になった後も、自分のお店を閉店に追い込んでしまいました。今思い出しても胃が痛いです。

お店が閉まることが決まったとき、自分が目指すべき道が分からなくなりました。しかし、新入社員が入ってきてスタッフ全員の人生を背負っているんだからと思うと考えが変わり、お店の予算を初めてとることができたんです。

閉店後も大阪で店長をもう一度任せてもらうことになり、その際は福岡の店長時代の自分を反面教師にして思考・行動すべて真逆にしお店の予算を大幅に取ることができました。

 

そういった経験があったからこそ、上手くいかなかったときに自分のやり方を柔軟に変える大切さを知れましたし、何事にも立ち向かうことのできる精神がつきました!(笑)

今も壁にぶち当たっています!!!

 

 

実際にバイヤーになってみてどうですか?

 

想像と全然違います。

自分のビジネス感が全く足りていなかったと実感しました。

バイヤーになる前は、もっとこのブランドを増やせばいいのに、この商品もっと仕入れればいいのにと思うことが多々ありました。しかし実際のところSTUDIOSの多くのお客様が求めているブランドと比べると金額がとても小さいんです。

バイヤーになる前に自分が考えていなかった方が金額が多く、そこにコミットしてからプラスアルファとして考えなくてはいけないと知りました。

そのために、リアルなお客様に向けたリアルなお客様の目を持つ意識を持ってしっかりと金額を作ることと攻めのバイイングをすることの棲み分けを今猛勉強中です!

 

 

バイヤーの仕事内容を教えてください。

簡単に言うと、

①次のシーズンの仕入れ

・展示会アポ取り、ピックし、オーダーする

・別注の仕込み

②今の商品の数字を見る

・在庫の移動

・イベントの企画

・営業部に対してのコミュニケーション(数値管理)

 

商品を仕入れるだけではなく、プロパーで消化させるまでがバイヤーの仕事です。

そのために積極的に営業と連絡を取ったり、販促計画を立てたりしています。

ここも想像と違いました。僕の中でバイヤーは仕入れること中心に行っているのみだと思っていましたが、プロパーで消化させるまでが仕事であるということです。

 

 

成長するために必要なことは?

 

僕は前項でも言いましたが、多くの失敗、大きな挫折経験が人を成長させると思います。

上手くいっているときはなんで上手くいっているか理解できないが、一回大きな失敗をするとなんで失敗したか考えるから次に繋がります。

だから早く失敗することが大事かなと思います。そう考えるとTOKYO BASEではそんな環境が整っています。挑戦させてもらえる環境があり、失敗しても次チャレンジする環境もあります。よく代表の谷が「やらない失敗よりやる失敗が大事」といいますが、本当にその通りだと思います。

 

 

 


 

 

いかがだったでしょうか?

 

当社は自分次第でいくらでもチャンスがあります。自身が考え、行動することで様々な道が切り開かれるのです。

 

一緒に”日本発を世界へ”を実現しませんか?

 

皆様からのご応募お待ちしております!

 

LIST