プロフェッショナルズ『鉄壁の守り~CFO中水英紀~』

プロフェッショナルズ 『鉄壁の守り~CFO中水英紀~』

TOKYO BASEが業界史上最速上場した裏側には熱き男の想いがあった

 

1005_%e5%86%85%e5%ae%9a48930

 

TB流 プロフェッショナルの仕事

TOKYO BASE  5VISIONのひとつファッションプロフェッショナル集団を目指すべく、

社内のプロフェッショナルにスポットを当てていくオリジナル企画!

第1回目はわれらがCFO中水英紀!

怖いけど、社員においしいご飯をごちそうしてくれる

そんなCFOにインタビューしてきました。

 


 

PROFILE

 

慶応義塾大学商学部卒業後、ベンチャーキャピタルに入社し多くの上場に携わる。

その後外からではなく中から会社を成長させたいと思い

ブライダル会社に入社し、見事上場させることを果たす。

その後1年かけ世界一周旅行をし、谷の前職社長の紹介でCFOとして

(株)STUDIOUS(現在のTOKYOBASE)を立ち上げる。

 

 


 

 

 

『中水と谷の出会い』

 

私と谷との出会いは彼が25歳の時で、前職で立ち上げたSTUDIOUSをMBOし起業するタイミングでした。

世界一周から丁度かえってきて、また何か大きなことを成し遂げたいと思っていた時に、谷の前職の社長に紹介していただきました。

25歳という若さで高い目標を掲げ、創業からIPOを目指すステージに興味を持ちCFOとして参画することを決意しました。

 

 

 

 

『創業当時の苦悩』

 

創業から最初の4年はお金が無くて、お金がないわりに出店や採用を強化していたのできつかったですね。リーマンショック後で金融機関の融資姿勢も厳しかったですが、自分は金融出身だったのでなんとかなると思っていました。

しかし、何とかならなかったのが現実です。毎月どうやって回していこうかと…

私と谷の給料はよく止めていました。ですが従業員の給料は一度も止めたことないです。

 

 

 

 

『アパレル史上最速で上場を果たす』

 

img_6144

 

2015年マザーズ上場

2017年東証一部上場

 

創業から苦労はあったものの、一つの目標であった上場は果たすことができました。

昔から目標は毎朝口にするようにしています。通勤途中とか(笑)

今は1000億1000億と言いながら出勤しています。

 

目標達成するために重要なのは、“本気でその思いがあるか”だと思っています。

本気で思っているのであれば、あらゆる“犠牲を払う覚悟がある”と思います。

 

時間が無くて遊べない、彼女と別れなきゃいけないなどが出来るかどうかです。

 

おそらく社内から私はとても合理主義で、シビアな選択をする怖いCFOとして見られていると思います。しかしそれは、誰よりも1000億企業になり、私たちのMISSION「日本発を世界へ」を達成したい思いを強く抱いているのかもしれません。

 

 

 

 

『原動力』

 

私の原動力は好奇心です。一流のものが好きなんです。

だから、一流の家に住んでみたいし、一流のホテルにも泊まりたい、そして一流の食事をしたいです。人生一度きりだからこそ最高のものを経験したいと思っています。

そのためにはお金が必要だから頑張って稼ぐ。これが私の原動力だと思います。

 

 

 

 

『今後の展望』

 

1000億企業かつ永続的に発展・継続できる企業を目指しています。

お客様に価値を提供し続けていかないと発展し続けれないですし、そもそも存在意義がないです。なので私たちは日本のクリエーションや日本のいいモノづくり、製品バリュー、そして接客においての独自性の価値を強め、価値を提供し、社会に不可欠な企業にしていきたいと思っています。

 

 

LIST