ストアブランド『CITY』~セレクトショップのオリジナル廃止。本質的なビジネスモデルとは~

リクルートブログをご覧の皆さん、こんにちは!

広報の村瀬です。

 

先日私たちが運営するセレクトショップ事業STUDIOUSより新たなブランドがデビューしました!

 

『CITY』

city-look_210226

city-look_210226_4

city-look_210226_2

city-look_210226_0

 

 STUDIOUSのストアブランドとしてスタート。

”FABRIC FIRST”を掲げ、

素材に拘りシンプルに「いいもの」を追求した

モードラバーのNEWワードローブ

 


 

 

『CITY』というブランドがスタートした裏側にはセレクトショップのオリジナルアイテム廃止があります。

 

 

なぜ廃止したのか、まずはセレクトショップの成り立ちをご説明します。

 

 

皆さんセレクトショップと聞くとどこのブランドを思い浮かべますか?様々な意見があるかと思いますが、多くの方は大手有名セレクトショップの名前が出てくるでしょう。

しかし、そのようなチェーン展開している大手セレクトショップは日本特有のビジネスモデルであって、欧米では個店経営が基本です。

 

 

ではなぜそういったビジネスモデルが生まれたのか?

 

セレクトショップが誕生し成長したのは高度経済成長期です。当時日本人は急に裕福になり、そして海外への強いあこがれを抱いていたので海外の服への需要が急激に上がりました。しかし今のようにネットもなければ、海外のブランド自体が日本に進出していなかったのです。

そこに目を付けたのが、今の大手セレクトショップです。

海外から服を買い付け日本で売る、それが爆発的に人気になり成長するきっかけになりました。

そこから今日までも日本のアパレル業界の花形はインポートブランドになっています。

 

しかし、バブルが崩壊し経済が不況になります。なかなか今までのビジネスモデルだと売り上げが取れません。なぜならば、インポートブランドは価格が高く、デザイン性も高いためマスマーケットに受け辛くなってしまいました。

そこでセレクトショップは”売りやすいデザイン”、”売りやすい価格”、”利益が出る原価率設定”を軸に自社で服を作り始めるのです。

そうして今では主流のセレクトショップのオリジナル商品が生まれました。

もともとブランドを売ることが目的のセレクトショップは、売れやすく原価率が低いオリジナルを売って利益を出すような、いつの間にか7割がオリジナル3割がセレクト商品という売上のビジネスモデルになってしまったのです。

 

 

ドメスティックブランドを知ってもらう間口を広げるため、私たちSTUDIOUSにもオリジナル商品は存在していました。

日本製で質を高めていましたが、スタッフはあまり着ていないという事実があり、自分たちが着ないものをお客様に提供するのはどうなのかという想いから廃止することにしました。

 

 

マーケットイン型の原価率が低いセレクトショップのオリジナルではなく、質もデザイン性も高いプロダクトアウトス型のストアブランドCITYを誕生させ、日本のファッション業界に変革を起こします。

 

そして日本のファッション、クリエーションで世界と戦っていきます。

 

 

 

是非クリエーションとしても最高なCITYを皆さんも見にお店に足を運んでみてください!

 

 

 

それでは、また来週!!!

 

 

 

 

LIST