1分でわかる、TOKYO BASEの魅力。

リクルートブログをご覧の皆さん、こんにちは!広報の村瀬です!

 

ブログを書きながら常々、「皆さんは何が知りたいのか?」「どういったものに興味があるのか」と必死で考えています。

そこで今回はストレートにTOKYO BASEという会社の魅力をお伝えしたいと思います!!!

 

できるだけ客観的な意見を入れつつご紹介させていただきます!

 

 

%e6%8e%a1%e7%94%a8%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e7%94%a8%e7%94%bb%e5%83%8f_5

 

TOKYO BASEの魅力

 

 

①圧倒的成長環境

 

 

当社は『結果主義=お客様評価主義』という考え方を重視しています。簡単にいうと評価はすべて数字(成果)で判断されます。

年功序列という概念は全くなく、入社歴が浅かったり年齢が若くても”結果”で正当な評価が下されます。

そのためインセンティブ制度がとても豊富で、役職やチャンスも誰しもがゲットできる環境にあります。

 

ではなぜ結果主義が成長環境であるかというと2点あります。

まず1点目は誰にでもチャンスがあるので、高い目標を志しそこに対して本気で達成しようと行動します。つまりモチベーションが上がります。そして、モチベーションが高いメンバーと働くことでさらにモチベーションが上がるといった相乗効果もあります。

 

そして2点目は若くても大きな仕事に挑戦できることで自身の経験値が上がり能力が上がります。よく代表の谷もいうのですが「無茶ぶりは人を成長させる」というのが企業文化です。

要するに能動的にやらなくてはいけない状況を作ることで受動的に自分を成長させる機会がたくさんあるのです。

 

 

(以前、20代成長環境企業として1位を獲得したこともあります。気になる方はコチラの記事もお読みください。)

 

 

 

 

②『日本発を世界へ』という企業理念に対して全員が本気である

 

 

企業理念は大事だと先輩や人事がよく言っていると思います。

しかし、それは本当です!

 

私自身、働けば働くほどとても強く感じる毎日です。(私自身は学生の時そんなに重要視していませんでした。自分の夢を実現するためにはどこが一番近道かな?と就活していました。今となっては先輩の言葉の重みがわかります。)

 

ではなぜ強く感じるようになったのか。それは自分のキャリアを本気で考えるようになったからです。

昔が本気で考えていなかったという意味ではなく、当時は自分の夢がとても表面的だったからだと思います。例えば、「好きなことで起業したい。アパレルブランドを経営するぞ!」という夢があったとします。しかしそれは自分側にしか焦点を合わせておらず、なぜそのビジネスをしたいのかという自分の外に焦点がないのです。

ようするにビジネスとして、社会に対する存在意義がないということです。

 

もちろん自分の夢も大事ですが、それと同じくらい自分が仕事をする意義が大事です。

生きるための仕事ではなく、人生を豊かにするための仕事であればなおさらです。

 

 

ここで話を戻すと、TOKYO BASEの企業理念はとても明確で、ブレがないです。

なのですべての行動がその理念を達成するための行動であり、成果は達成するために求められる成果と考えるとことができ、同じ仕事でもやりがいが生まれます。

 

この記事が読んでいただいた方の人生を少しでも豊かになるきっかけにれば幸いです。

 

 

 

それではみなさんにお会いできるのを楽しみにしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

LIST