採用活動における「私服でお越しください」とは

ブログをご覧の皆さんこんにちは!広報の村瀬です。

 

 
さて!本日はアパレル就活、何着ていけばいいの?
「私服でお越しください(服装自由)」ってほんとに何を着て行ってもいいの?NGファッションは?
という質問にお答えします。
 
 
題して「アパレル就活の身だしなみ」

 

4

 

学生の皆さんに説明会などでお話を伺っていると、

「私服の説明会ってはじめてで、何を着ていけばいいか分かりませんでした。」って声を良く聞きます。

最近では服装自由の選考も増えてきているようですが。
 
 
確かに、スーツ就活のみだしなみのように、マニュアルが散らばっているわけでもないですし、どこまでがセーフでどこからがアウトなのか分かり辛いですよね。
今回はアパレル就活で抑えておきたいポイントをご紹介します。

 

 「とりあえずジャケット」じゃなくて大丈夫
自由とは言いつつもフォーマルな場だから・・・と、とりあえずジャケットを羽織っていらっしゃる方もよくいらっしゃるのですが、着なくても大丈夫です。(笑)

思いっきりカジュアルな私服にかっちりとしたジャケット羽織るより全体のバランス感を大事にしてください。
特にアパレル企業の選考では、ファッションセンスをその場で見ていたりもするので、「無難にスーツ」っていうのは悪目立ちしてしまいますのでNG!

 
 
テイストを「寄せる」
では、何が大事になってくるかと言えば、そのアパレル企業のテイストに「寄せ」ていくこと。

トラッドならスーツでも良いし、スポーティーならスニーカーでも大丈夫。

もちろん自分の個性を服で表現することは大事ですが、あくまでもこういう場で求められるのは「プロとしてファッションを扱うことができるか」ということ。自分で楽しむ趣味のファッションと違い、「相手にどうみられるか」、他者の視点を意識したファッションをできる方は良く分かってらっしゃるな、と感心させられます。
そこをベースに、ポイントで個性を入れてみてください!

 
 
 帽子は着脱式で
最近増えてきたのが「帽子着用」の方。
被ってきていただいて構いません。ただ!説明会中、面接中は脱いでいただいたほうがベターではあります。

「礼儀作法」としてもそうですが、なにぶん前後左右に座ってらっしゃる他の学生さんの邪魔になってしまいます。帽子をかぶられる方は是非「着脱式」で!

 
 
「清潔感」これはアパレル就活においてももちろん大事
一般的な就活のようにタイは絶対着用、パンプスは5センチ、なんてルールはありませんが、

「清潔感」、これだけはアパレル就活においても大事です。
シャツ地のものはしっかりアイロンかける!靴の汚れは大丈夫ですか?

金髪でも髭が生えていても構いません。でも放置されたものと手入れされたものは一目で違いが分かるのでご注意を(笑)

 

 

いかがだったでしょう?
もちろん企業によってはもっと厳しいところもあるかもしれませんが、弊社の選考においてみているポイントはこれくらいです。

ですのであまり神経質にならないでください!
ただ、テイストを「寄せる」は企業問わず、大事なポイントかもしれません。
「好きなファッションを仕事にする」ということは、自分以上に第三者のために服のことを考えられるようにならなければいけません。


もし、当日の服装に悩んでらっしゃったら是非今日のポイントを参考にしてみてください!

 

 

 

 

LIST