社員紹介-どこまでも愚直にファッションと対峙する(後編)-廣瀬友理/立教大学卒

ブログをご覧の皆さんこんにちは!

株式会社TOKYO BASE人事の池田です。

本日は引き続きEC事業部マネージャーの廣瀬さんのインタビューです。

【前編】では、学生時代から入社、EC事業部に異動するまでをお届けしました。

本日はEC事業部での仕事についてうかがっています!

 

ebi

立教大学 文学部卒

STUDIOUS ZOZOTOWN WOMENS MANAGER

廣瀬 友理

 

 

2年目、また0からのスタート。EC事業部でのスタートはいかがでした?

外から見ていたEC事業と実際のEC事業、ギャップがすごかったです。

PCを使ってスマートに仕事するようなイメージがあるかもしれませんが、思いのほか、地味な仕事も多いですし地道にやっていかないと売上げは構築できない。

商品ピックから、撮影、キャプション作り、カスタマーサービス、やることは多岐に渡ります。

また、リアル店舗では営業時間が限られていましたが、オンラインストアは24時間営業です。やろうと思ったらいくらでもやれてしまう。

まっさらな状態で必死に仕事を覚え、それと同時に自分であれば何ができるのかを模索しました。

 

変化が出てきたのはいつごろ?

仕事をはじめて3ヶ月ほどたった時に、ひとつ自分が変われたと思った瞬間があります。

ひとりで0からのコンテンツ作りを任されたんです。

テーマを決め、商品のピックアップ、モデルの選定から撮影の細部の指示まで自由にやらせてもらえました。ただ楽しんでいたわけではありません。裁量には責任が伴います。

会社の販促費から費用を捻出する以上結果を残さなくてはいけません。

かっこいい写真、ページが作れた、はいおしまい。

ではなくいかに自分の作ったヴィジュアルで売上げがとれるか。

学生時代もサークルの広報としてヴィジュアル作りに携わっていましたが、その際の感覚とは違います。これをきっかけに、「売れる」撮影の精度もあがってきました。

もちろん商品力もおおいに関係してくるのですが、今まで売上げが伸び悩んでいた商品が自分のディレクションしたページに変更することによりきちんと売れるものになっていく。

こういった品番が増えることで自然と自分にも自信がついてきました。

 

EC担当としての転機は?

その後1年はイケイケでした。

シーズン前に仕込んだものが、その時期を向かえしっかり売れ、予算比の140%をたたけるまでになりました。

そんな調子付いていたときにまた異動です。ここの会社は落ち着かせてくれません(笑)

 

今までは店頭接客から一貫してUNITED TOKYO事業に属していましたが、

一転STUDIOUSのひとつのECストアを束ねるマネージャーに就任しました。

STUDIOUSはセレクトショップなので本来はブランド商材のほうが重要なのですが、わたしの担当のお店では売上げの構成比的にオリジナル商材が要でした。

ただやはりUNITED TOKYOと比べ、ないしSTUDIOUSのメンズラインと比べまだまだ核となるものがない状態。

ECストアのディレクションというよりはもっと大きくSTUDIOUS WOMENS ORIGINALというブランドのディレクションをする仕事となりました。

 

どちらかというと今までの仕事は販促部に近いものだったのですが、今の仕事は完全に商品部畑です。デザイナーと一緒に商品企画をすることも日常茶飯事ですし、「何」が「どの価格」で売れるのか予測して仕掛ける、マーチャンダイザー的な役も担っています。

商品作りに関しては素人ですが、店舗に立っていたんで感覚的なことはわかるんです。

この価格帯とこのクオリティであれば売れるとか。なので今はECをはじめた頃のような「まっさらな状態」からはじまったという感覚ではなく、ようやく今までの経験がクロスオーバーするようになってきたなと思って仕事しています。

 

今後のヴィジョンを聞かせてください。

最近ようやくわたしのお店にも「部下」と呼ばれる方が入ってきました。

なんだかんだずっと一人でやってきたので、実はこのマネジメント能力不足が自分のなかでは課題です。ただ教えるとか、ただ仕事を分担する、とかそういったことではなくわたしたち2人でいかに3人分、4人分の仕事ができるかを新たに模索しています。

ファッションビジネスに通ずるスタンスと、個人のテクニカルなスキルは身につけたので、マネジメントができるようになればまた次のステップにいけると信じています。

そうやってチームとしての力を伸ばして、STUDIOUS WOMENS ORIGINALを軌道にのせていきたいですね。

 

ちなみにもう少し先のヴィジョンは?

これは会社のなかでなのか、卒業してからなのか分からないですが、今一番自分が取り組んでみたいと思っているのが、各ブランドさんが個々にもっているオンラインストアのコンサルティングですね。今現在ZOZOTOWN内のページのディレクション業などははじまりましたが、やはりブランドの世界観を体現できるのは公式オンラインストアのほうだと思います。

もっと良くなりそうなのにくすぶっているような、まだ規模は小さいけれども良いブランドさんを発掘してECの観点からプッシュしていきたいです。


~現在予約受付中~

<東京>

■5月9日(水)17:00-19:00@渋谷※CEO登壇

<大阪>

■5月17日(木)14:30-16:30@梅田※CEO登壇

<愛知>

■5月18日(金)14:00-15:30@名古屋

 

ご予約は、リクナビ2019マイナビ2019よりお願いします!!

 

LIST