社員紹介-ポーカーフェイスに宿る熱き想い(前編)-鈴木絢登/静岡県立大学卒

ブログをご覧の皆さんこんにちは!

株式会社TOKYO BASE人事の網谷です。

 

前回までで新卒採用チームの紹介は完結しましたので、

今回からは部署の枠を超えてバラエティーに富んだ社員をインタビューしていきたいと思います!

 

今回ご紹介するのはこの春より新卒2年目を迎える鈴木絢登(Kento Suzuki)さん。

生まれも育ちも静岡の彼が、何故上京しファッションでビジネスをやっていこうと決めたのか。普段寡黙で無表情な彼から根掘り葉掘りいろいろ聞いてきましたので、是非ご覧ください!

 

f4eca6a621a79e918575170fdad6f0f4

 

静岡でどんな学生生活を送ってきましたか?

サッカーに、ファッションサークル立上げ、アパレルでのアルバイトと大学ではいろいろやってきました。というのも、生まれも育ちも静岡で大学も無難に地元の公立大に進学し、良くも悪くも「普通」の大学生生活を送ることに対して自分自身反発していたのかもしれません。

 

都会・東京に対し憧れを抱く自分がいて、大学1年生の後半には、Twitter上で都内若手起業家にアプローチして実際に会いに行くなんてことをしたりもしていました。

15人以上の経営者に会い様々なビジネスのことを知って、彼らの探究心や「好き」なことで稼ぐという姿勢に刺激を受けました。

そして、自分も0から1を創るビジネスをしてみたいと思うようになりました。

何しよっかなと思ったときにちょうど当時メルカリなどCtoCが盛んになってきたタイミングで、自分もこのプラットフォーム上でモノを売ってみようと思いました。

 

そこで手をつけたのはiphoneケース。作ってくれる工場を開拓し、デザインは自分でやって意外とすんなり売り切ることができました。

今思えば、時間と気持ちさえあれば誰でもできることで、レベル的に決して高いことではなかったですが、この時に自分の中にある将来の独立心が一層強くなったのを覚えてます。

 

 

TOKYO BASEとの出会いはいつ?

前述した経験から、将来は自分の「好き」をビジネスにできたらいいなと思ってました。

そして、将来的には独立する気持ちでいたけれど、いきなり独立するには資金もスキルも足りなくて、いったんは民間企業に進むことを考えていました。

インターンシップの時期に入り、もともとファッションは好きだったので「アパレル」で検索をかけ面白そうなインターシップを探していたところで見つけたのがTOKYO BASEでした。当時、「経営者同行インターンシップ」というものを開催していて、経営者に1日密着できるなんてそうないチャンスだと思ったし、自分の好きなことで起業した谷さんは自分のロールモデルになり得る存在だと感じすぐに面接を受けに行きました。

 

 

就職活動においてTOKYO BASEしか受けなかったのは何故?

実際にインターシップを通してTOKYO BASEという環境・働く人たちにワクワクしたのがひとつ。それと、将来自分が好きなこと、「ファッション」で独立する上で必要になる能力・経験・お金あらゆるものをスピード感を持って得られる環境という意味で一番合理的な選択がTOKYO BASEに入社することだと思ったからです。

 

これは余談ですけど、インターシップの後に振り返り会があってその日の懇親会で、自分は谷さんに頑固だと言われたことがあって。新聞を読んだ方がいいよという話になったときに、自分は手軽さ簡易さの点からネットで情報収集しているから新聞は読まないですって言ったんです(笑)。

そこで谷さんは、「素直さが何より人を成長させるのに鈴木君にはそこが足りない。」って言われちゃって、この時は悔しさがあった反面、一経営者が時間を割いて自分を叱ってくれた谷さんに感謝したのは今でもよく覚えてます。

 

 

後編に続く!!

 

 


【2019新卒採用情報】

 

現在開催している2019卒向け会社説明会ですが、好評を頂いている為日程を大幅に追加いたしました!

ご都合の合うタイミングで是非ご参加頂ければと思います。

 

~現在予約受付中~

■4月5日(木)17:00-19:00@東京※CEO登壇

■4月14日(土)13:00-14:30@東京⇒満席

■4月18日(水)17:00-19:00@大阪※CEO登壇

■4月19日(木)18:00-19:30@東京⇒満席

■4月27日(金)18:00-19:30@福岡

■5月17日(木)14:30-16:30@大阪※CEO登壇

■5月18日(金)14:00-15:30@名古屋

 

ご予約は、リクナビ2019マイナビ2019よりお願い致します。

 

LIST