社員紹介~日本発を世界への大きな一歩~滕 力遠

リクルートブログをお読みのみなさん、こんにちは!

人事の村瀬です。

 

本日は9月度のCEO賞を獲得されたRICKことトウリキエン店長のご紹介をさせていただきます。

 

RICKは今新卒2年目でSTUDIOUS TOKYO北京店の店長を任されています。(以降STT北京店と記載)

STT北京店は2020年9月に北京エリア初となる店舗をオープンし、初日売上はTOKYO BASE史上1番高い売上を叩き出しました!

 

そんな今一番勢いのある中国事業部の新店舗店長に、赤裸々に思いを語っていただきました!

 

是非、海外事業に興味のある方は最後までお読みいただければと思います!

 

rick1

 

■「新卒2年目で北京に異動、代理店長を経て今STT北京の店長ですが、最初はやっぱり大変でしたか?」

 

はい、大変でした。(笑)

お店作りや物件探しなどもそうですが、やっぱり一番は店長としての仕事です。

僕はもともと店長経験がなかったので、すべて一から学ばないといけませんでした。

業務はもちろん、スタッフの教育や、人の心を動かすマネジメント全てです。

まだ今もちゃんと出来ているとは思っていないので、もっともっと頑張らないとと思っています!

※RICKのインスタから自身の覚悟が垣間見れますね。北京の情報も綴っているので見てみてください! @studious_rick

 

■「STT北京店の強さの秘訣を教えてください。」

 

お店、商品、従業員全てが他のお店と違うところですね。

お店は北京の太古里という場合にあります、東京で言うと表参道みたいなところで近所のお店はDOVER STREET MATKET、OFF WHITE、VALENTINO、RIMOWA 、BALENCIAGAなどなど有名なブランドやお店ばっかりです。

そこで日本のデザイナーブランドだけ置いてあるセレクトショップはすごく新鮮です。

From Japan to the worldと言うコンセプトも、お客様に刺さっています。

そして、顧客感動を目的とした接客もお客様に大変喜んでいただけています。

もともと中国の一般接客水準はレベルが低いです。お客様の購買力によって露骨にサービスの内容が違う店員がほとんどなんです(笑)

 

7229160940737605988457388391533907696668199315822410

 

 

■「中国と日本、営業していて違いを感じますか?」

 

よりサービスレベルが問われると思います。

中国のお客様は世界中で買い物しており比較出来ます。

このお店がいいお店なのか、よくないお店なのか、日本人のお客様より判断力持っています。

そして、お金は持ってますが、ぶっちゃけ今の時代でうちにあるブランドってネットや他店でも買えます。

ですがうちのサービスが良ければ他のところより少し高い金額でも気にせず買ってくれるからです。

 

 

■「最後にどんなお店にしたいいですか?」

 

お客様の中ではSTUDIOUS北京かそれ以外かって思われるお店。

スタッフの中ではSTUDIOUS北京店で働くのは楽しい、家族見たいなお店。

会社の中では一番売上取ってるお店 そのために、北京のお客様を感動させ続けます!

 

904803414179947600

 

共に日本発を世界へを目指す仲間を募集しております!

新卒採用としてインターンシップも募集しておりますので、気になる方は各ナビサイトよりエントリください!

リクナビ2022マイナビ2022

 

中途採用も積極的に募集しております。

当サイトのエントリー画面よりご応募お待ちしております!

 

 

LIST