INTERVIEW

楽しくないことを
乗り切れるかどうか

藤村 佳織

2013年入社

STUDIOUS SHOP MANAGER

SCROLL

PAST

NOW

VISION

新しい環境での働き方を知る

PAST

NOW

VISION

新しい環境での働き方を知る

就職活動の説明会で、一番楽しそうだなと思ったのがTOKYO BASEでした。社長が若く、仕事に対して熱意を持った社員が多いという印象を受けましたが、そのイメージは今も変わっていません。実力主義、結果主義という環境は自分の成長につながると感じ、採用試験を受けました。 まだ入社して幾年も経っていませんが、地方転勤の経験は私にとって非常に大きなものでした。完全に新しい環境になり、今までの考え方を変えなければと悩んでいた時に、当時の上長から仕事に対しての考え方を教えてもらいました。その時に教わった仕事に対する姿勢は今でも実践しています。

PAST

NOW

VISION

かかわる人全員を笑顔にしたい

PAST

NOW

VISION

かかわる人全員を笑顔にしたい

店長として働くなかで、お客様はもちろん、店舗のスタッフや本社社員、取引先の方ともたくさん接します。コミュニケーションがとても大切な職種と言えます。そのなかで、かかわる人を笑顔にしたい。特に接客ではお客様に笑顔で帰ってほしい。常に自分も楽しく働くということを意識し、もっとたくさんの笑顔をお店に増やしたいと思っています。 スタッフは仕事に熱意を持った人が多く、どの役職の人とも距離が近いです。意見が言いやすい雰囲気なので、自分の意見を明確にして有用と判断されれば、どんどん採用される環境はとても働きがいがあります。

PAST

NOW

VISION

女性が働きやすい環境を目指して

PAST

NOW

VISION

女性が働きやすい環境を目指して

今の自分は、「頼れる人」からは程遠い状態です。そう思われるよう結果を出し続け、女性の活躍を多くの人の目に触れるようにしたいと思っています。また、会社の成長のために、自分ができるのは自社商品の良いところを一人でも多くの人に伝えること。日本発ファッションスタイルの魅力を少しずつでも多くの人に知ってもらいです。 自分の成長も結果を出すことも、何事も継続です。楽しいことだけではないですが、継続することで新たなことが見えてくるようになります。TOKYO BASEで働くならば、結果が出ないことに挫けず、継続することを目指してみましょう。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏