INTERVIEW

成り上がるために利用する

舟橋 秀臣

2010年入社

管理部 人材開発Div. 中途採用 Manager

SCROLL

PAST

NOW

VISION

新卒0期生、リスク以上にチャンスを感じていた

PAST

NOW

VISION

新卒0期生、リスク以上にチャンスを感じていた

就職活動では、アパレル会社の中で上のポジションが詰まっておらず、より早く経験や実績を作れる環境を探していました。当時のTOKYOBASEは立ち上げたばかり。新卒0期生というタイミングでした。大手ではなく、立ち上げ間もないベンチャーに入社することは自分にとってリスクもありますが、それ以上にチャンスも大きいと感じて入社を決めました。 やってよかったと思ったのは、入社してすぐに代表の谷さんのアシスタントを買って出たこと。(適切な)無茶振りのおかげか、結果を出すための思考は自然と培われました。会社の重要な意思決定をする場の近くで仕事ができる環境を作れたことは、今の自分に大きな影響を与えてくれています。

PAST

NOW

VISION

常に前例のない問題と向き合う仕事

PAST

NOW

VISION

常に前例のない問題と向き合う仕事

会社というものを知らなかったので自分の労働環境に疑問を持ちませんでしたが、今思えば一般的な会社と比べてかなり異質だったなと感じます。しかし、既存のしがらみがなく、結果に対して合理的にアプローチできる会社だからこそ現在まで続いているというのも事実。過去の延長線上のことをやっても先はないので、常に新しい挑戦をする環境のやりがいは他では感じられません。 以前まで担当していたSTUDIOUS ORのMD(マーチャンダイジング)では、それまでの経験やスキルで解決できない問題にも直面します。その時にどれだけ論理的に考えられるか。既存の価値観にとらわれずに正しい判断ができるかを常に意識しています。 仕事において住む場所も大切です。文化の発信地である渋谷に住むメリットは入社当時から感じていて、渋谷近辺に住む社員に対する渋谷手当はとてもありがたいなと思います。

PAST

NOW

VISION

自分にとって利用価値のある会社かどうか

PAST

NOW

VISION

自分にとって利用価値のある会社かどうか

会社として目指すのは、「日本発を世界へ」を実現するために、世界主要都市の一等地に自社の店舗があり、収益を上げている企業になること。それに対して自分は、重要なポジションで意思決定・実行ができる人材であることを目指しています。そのために最近、商品畑から管理部の人材開発Div.に異動となりました。経営の要である採用、人材育成を成功させ、最終的にはファッション及び周辺消費財の業界でならCEOを任せたいと思われる人になる。そのための実績を会社で作っていくつもりです。 求めている人材については、会社側の立場で言及すると、とにかく結果を出す人です。けれど一個人としてアドバイスするならば、自分にとってTOKYO BASEは利用価値があるかどうかをジャッジして、利用価値がある限りは全力でコミットする。無いと判断すればスパッと見切る。常に「自分」が求められる場ですから、じっくりと考えてみてください。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏