INTERVIEW

求めたのは、
スピード昇進できる環境

堀川 晶子

2016年入社

UNITED TOKYO SHOP STAFF

SCROLL

PAST

NOW

VISION

自分次第でスピード昇進できる

PAST

NOW

VISION

自分次第でスピード昇進できる

入社する前から、結果主義で自由な社風は伝わってきました。自分の望む働き方を考えた時に、結果主義であることは非常に重要でした。結果を出せば店長やMGR、バイヤーなどにすぐなれる。なにをするにも自分次第という社風にとても惹かれました。 現在は池袋PARCO本館にあるUNITED TOKYO WOMENS池袋店で働いていますが、その前に路面店で勤務していたことがありました。商業施設内の店舗と比べ、路面店ではお客様の数が少なかったのですが、だからこそ元来アパレルでやるべきサービスを見つめ直すことができたのは、とても良い経験でした。

PAST

NOW

VISION

いかに接客で学びを得るか

PAST

NOW

VISION

いかに接客で学びを得るか

接客ではお客様といかに気持ちよくお話することができるか、楽しかったと思って思えるかを意識して取り組んでいます。また、お客様と接するなかで大切なことがもう一つ。接客のなかで学べることがたくさんあるということです。お客様を楽しませつつ、自分は出来得る限りのことを吸収しようと常に考えています。 入社して、きちんと結果を出している人が評価され、自らのやりたいことができるというイメージが更に強くなりました。スタッフは、仕事をする時は仕事、遊ぶ時は存分に遊ぶという人が多く、とてもメリハリのある働き方をしています。

PAST

NOW

VISION

根性と意地があれば何でもやれる環境

PAST

NOW

VISION

根性と意地があれば何でもやれる環境

個人的には世界で戦えるクリエーションやモノ作りの発信をいかにうまくアシストできるかという点を重要視しています。そのために、まずは世界でも戦えるような営業力を養うことで貢献していきたいと思っています。具体的には、店長・マネージャー・商品部など現場に近いところでの統括ポジションにつくことを目指しています。 この会社は、やる気があるのは大前提ですが、根性と意地があれば確実に何でもできます。新しく入社する方には、この環境を利用してやろうと思うくらいの気持ちを持っていてほしいと思います。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏