INTERVIEW

周りの全員が認めるような成功を、この業界で

井上 南

2016年入社

STUDIOUS SHOP MANAGER

SCROLL

PAST

NOW

VISION

周りの全員が認めるような成功を、この業界で

PAST

NOW

VISION

周りの全員が認めるような成功を、この業界で

私は学生の頃から将来アパレルで働こうと決め、他社のアパレルでアルバイトをしていました。そこで一番感じていたのが「アパレル業界の地位の低さ」でした。将来アパレルで働きたいと言うと「せっかく大学を出たのに」「理系なのにもったいない」という言葉が返ってくるのが当たり前になっていたのです。自分の好きな事を否定されたような気持ちで悲しく、その悔しさは今でも持っています。アパレルに行くなら周りの全員が認める成功を納めて、かつ業界のイメージを変えなければならない。就職活動をしていく中で、その考えと完全に合ったのがTOKYO BASEでした。

PAST

NOW

VISION

東京から離れることが人生の転機に

PAST

NOW

VISION

東京から離れることが人生の転機に

東京出身で実家暮らし、ファッションが大好きで渋谷で働きたいと思っていた私にとって、1年目からの福岡勤務は正直望んでいたものではありませんでした。しかしこの1年を通して感じたのは「働く上で環境は関係ない」ということ。電話でわからないことを聞いたり、自分で調べたり、能動的にできることは都内にいようが地方にいようが関係ありません。初めから甘えられない環境にいれたことで、それを誰よりも体感できたのではないかと思っています。そしてその上で結果を出すために、誰に対してもフラットに、思ったことや自分が考え抜いたことはぶつけるように心がけています。誰も年や社歴に関係なく、対等にぶつかり返してくれますし、そんなやり取りを若いうちからできるのは、TOKYO BASEの強みだと思います。

PAST

NOW

VISION

全ては自分の責任に

PAST

NOW

VISION

全ては自分の責任に

こんなに毎日服にまみれ、服に悩まされ続けても、私はやっぱり服が好きです。そしてもっとたくさんの人にこの楽しさを伝えたいと思っています。そのためにこの会社ではまず、既存のSTUDIOUSよりもセレクトに特化したWOMENS業態の立ち上げをすることが目標です。そのためにはまだまだ私自身成長が必要ですが、これからも自分の成長を楽しみに、常に課題があり続ける働き方をしたいと思っています。TOKYO BASEに入社する方には、人や環境ではなくすべてを自分の責任にして、常に自分と闘い続けて欲しいです。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏