INTERVIEW

周りの全員が認めるような成功を、この業界で

井上 南

2016年入社

STUDIOUS SHOP MANAGER

SCROLL

PAST

NOW

VISION

周りの全員が認めるような成功を、この業界で

PAST

NOW

VISION

周りの全員が認めるような成功を、この業界で

私は学生の頃から将来アパレルで働こうと決め、他社のアパレルでアルバイトをしていました。そこで一番感じていたのが「アパレル業界の地位の低さ」でした。将来アパレルで働きたいと言うと「せっかく大学を出たのに」「理系なのにもったいない」という言葉が返ってくるのが当たり前になっていたのです。自分の好きな事を否定されたような気持ちで悲しく、その悔しさは今でも忘れません。アパレルに行くなら周りの全員が認める成功を納めて、かつ業界のイメージを変えなければならない。就職活動をしていく中で、その考えと完全に合ったのがTOKYO BASEでした。

PAST

NOW

VISION

地方勤務だからこそ味わえた成長痛

PAST

NOW

VISION

地方勤務だからこそ味わえた成長痛

東京出身で実家暮らし、ファッションが大好きで渋谷で働きたいと思っていた私ですが、1年目・2年目と立て続けに地方勤務を命じられました。しかしこの2年を通して感じたのは「働く上で環境は関係ない」ということ。電話でわからないことを聞いたり、自分で調べたり、能動的に動けば場所は関係ない。むしろ初めから甘えられない環境にいれたことで、それを誰よりも体感できたのではないかと思っています。だからこそ比較的早いスピードでマネージャーに昇進することができました。現在「自分次第で店も会社も変えれる」と実感できています。本部との、スタッフとの関係性、自身の実力、全ての些細なことが人を動かし、会社を動かします。それが良くも悪くも数字で結果として現れます。そう、わたしたちは結果主義です。ただこの2年でひとつ気付いたことは、もし結果が今出なくても、結果を出そうと行動している人には常に救いの手が差し伸べられることでしょうか。今わたしが考えるマネージャーに必要とされる要素は「人格者」であること。どんなスタッフにも寄り添えて、本当に信じ、かつ常に厳しいことを言い続けられるそんなマネージャーを目指しています。

PAST

NOW

VISION

全ては自分の責任に

PAST

NOW

VISION

全ては自分の責任に

こんなに毎日服にまみれ、服に悩まされ続けても、私はやっぱり服が好きです。ただ、ずっと感じているのは海外との差。規模もファッションに対する価値観も、そして業界としての地位の低さも。「世界へ」出て数字で見せ続けていくことで、日本内での業界の地位向上をさせることが、わたしが達成したい、そしてTOKYO BASEと通ずると思っているヴィジョンです。そのためには自分だけ、他人だけ、ではなく自分も他人も幸せにできる人間にならなければいけません。営業、商品、販促、多くのことを総合的に理解できる人間になり一店舗の責任者から一事業の責任者へ。経営全般の能力を身につけてみせます。そして社内外関係なく、なんならアパレルという業界も関係なく周りの全員が認めるような成功をしていきます。TOKYO BASEに入る人は、他責せず、自分の嫌な面にも真っ直ぐにぶつかっていこうという意志と行動力を持ってください。そんな人と一緒に働きたいと思います。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏