INTERVIEW

サラリーマンではなく、ビジネスマンになる

川林 真人

2016年入社

EC事業部 SHOP MANAGER

SCROLL

PAST

NOW

VISION

新規事業の立上げ

PAST

NOW

VISION

新規事業の立上げ

「早く会社を辞めて独立したいです!」 そんな社員の宣言を会社説明会で目の当たりにし、TOKYO BASEでなら自分のやりたいことができるのではないかと感じました。 私の夢は、好きな「ファッション」で成功し稼ぐこと。 選考過程から新規事業を提案し、入社後すぐに新規事業を立ち上げました。 結果的にこの事業は失敗に終わりましたが、この経験から学んだことは本当に多く未熟な自分にチャンスを与えてくれた会社に感謝をしています。

PAST

NOW

VISION

ブランドコンサルタントとしての2年目

PAST

NOW

VISION

ブランドコンサルタントとしての2年目

現在は、STUDIOUS ZOZOTOWN BRAND セクションのマネージャーを務めています。 マネージャーといっても、決して管理することだけが仕事ではなく、自らプレイヤーとして売上最大化に向けた商品の買い付け、別注商品企画、生産管理、撮影のディレクションまですべて行っています。 こういった業務を円滑に進め、かつ効果を最大化するためには社内外でのコミュニケーション・ネゴシエーションが重要です。 弊社の社員含め、アパレル業界の人は渋谷で飲みに行くことが多くついつい夜も遅くなりがちですが、渋谷手当を活用し渋谷に住んでいるため終電を気にせず日々飲みニケーションを図っています(笑)。

PAST

NOW

VISION

サラリーマンではなく、ビジネスマンになる

PAST

NOW

VISION

サラリーマンではなく、ビジネスマンになる

先にも述べた通り、私の夢は、ファッション業界で成功し稼ぐことです。目標達成のための手段に対しての拘りはなく柔軟に考えています。その一手段として、現在従事しているEC事業部でのキャリアアップがあるかもしれないし、その一手段として、起業があるかもしれません。兎にも角にも、自分自身がビジネスマンとして成長しないことには始まりません。TOKYO BASEでは、年次に関係なく責任の伴う仕事を任せてもらえ学び成長する機会が多くあります。こういった成長環境を利用し、本気で夢を叶えたいと思い、口だけでなく愚直にアクションを打てる、そんな人と一緒に働きたいと思います。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏