INTERVIEW

0→1を作れるマネージャーに、俺はなる

小林 陽平

2015年入社

STUDIOUS CHIEF MANAGER

SCROLL

PAST

NOW

VISION

入社後すぐに丸裸に、強くなるしかない

PAST

NOW

VISION

入社後すぐに丸裸に、強くなるしかない

学生の頃までは責任というものがとにかく苦手で全て避けて通って生きてきました。そのため「経営者になりたい!」とか「ベンチャーが良い!」とかいった点で当社を志望したわけではありません。純粋に好きなものでお金を稼ぎたいという気持ちに嘘をつくことなく突っ走れる会社だと思ったからです。まず、服が好きは前提として、1番に人が好き。人と関われる手段として好きな服を選択しました。入社直後はただただガムシャラに働きました。運良くUNITED TOKYOの立ち上げに携わることができたのですが、最初の上司に、自分が今まで隠してきた弱いところを簡単にほじくり出されて、もう強くなるしかなかった。全部自分の成長だと思って、たくさん挑戦してたくさん失敗してそしてたくさん成長してきたと思います。

PAST

NOW

VISION

責任が一番の原動力

PAST

NOW

VISION

責任が一番の原動力

ガムシャラに結果に拘ることで、入社1年目で店長になることができました。でも最初は数字としか向き合えていませんでした。当然予算を取らないと意味がないし、更なるステップアップがない。ただ、途中で大切なことに気付きました。それは自分は多くのスタッフの人生に関与しているということ。共に目標を追って、成長して、結果を残す。当然まだまだ自分の成長が必要だけど、結果を出す喜びだったり、結果を残すための努力だったり、人の成長を一緒に感じれるのがめちゃめちゃ面白い。そしてもう一つの意外な気付きが、前まで嫌だったはずの責任が、今は自分の尻を叩く1番の原動力になっているということ。ドMなので、きつければきついほど頑張れるし、頑張れば頑張ったほど結果が出た時は爽快感です。

PAST

NOW

VISION

0→1を作れる上司に、俺はなる

PAST

NOW

VISION

0→1を作れる上司に、俺はなる

今の自分の目標は会社のブランド価値を高めて、日本を代表するようなアパレル企業にしていくこと。学生時代は存在も知らなかったこの会社を大きくすることが目標ってちょっと自分でもよくわからないけど、それだけこの会社が大好きだし、ここで働いてる人がイキイキしてるし、だからこの会社に自信があるし、もっと多くの人に知ってもらいたいと思ってます。今でもやはり独立とかは考えてはいないけれども、自分が本当に好きなものでお金を稼ぎたいという想いは前よりも強くなっています。たまたまだけど、今いる環境がとても素晴らしいものだからこのチャンスを逃すわけにはいかない。会社を大きくしていくためには色々な携わり方があるが、まずは自分が会社のなかで重要人物になっていかなくてはいけないと思っています。直近の目標は自分で0から店舗を作ること。今までは上司が作ってくれた基盤で頑張っていたけれど、今後出店スピードを上げていくにはそういう存在がもっと必要。僕がそうなります。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏