INTERVIEW

“理想の姿”と社長が
ぴったり重なった

久保 歩史

2011年入社

STUDIOUS MENS PRODUCT Div. Merchandiser

SCROLL

PAST

NOW

VISION

一番なりたい姿がそこにあった

PAST

NOW

VISION

一番なりたい姿がそこにあった

仕事は自分の価値を高めるために必要なこと。しかし過去の経験を顧みると、自分は興味のあることしか続けられそうにない。仕事なら何でもいいわけじゃない。それならばと、ずっと好きだったアパレルを選びました。TOKYO BASEを選んだのは、自分が一番なりたい像と社長の姿がぴったり重なったからです。やりたいことをやり、本質的に認められる。そして認められた結果、思考や方法を周囲に伝えられる人間になるという理想を、社長は体現していました。 仕事をしていると、今までのやり方を否定しなければいけないタイミングが必ず出てきます。自分が大勢のスタッフをマネージメントをする立場で、スタッフがやめてしまった時にはそのことを強く感じます。同じことを繰り返さないために数字を細かく握り合うこと、とにかく楽しんで仕事をすることなど、その後の糧となる経験でもありました。

PAST

NOW

VISION

顔が見えない相手とのコミュニケーション

PAST

NOW

VISION

顔が見えない相手とのコミュニケーション

リアル店舗、ECとオンラインオフラインの運営を経験してきました。そして今、担っているのはマーチャンダイジングという数字面からの商品へのアプローチ。営業部から商品部という全く異なる分野への異動ですが、数字を第一に考える働き方をしていたので過去の経験がそのまま活かされています。直接お客様の顔を目の前にすることは営業部の頃より減ってしまいましたが、数字が全てを物語ってくれています。数字を通して商品作り、店舗作り、そしてお客様とのコミュニケーションをはかっていきます。

PAST

NOW

VISION

セレクトショップという枠組みを飛び越えたブランド作り

PAST

NOW

VISION

セレクトショップという枠組みを飛び越えたブランド作り

今後STUDIOUSの新たな枠組みを作っていきたいです。現在のセレクトショップという枠を飛び越えて、お客様から支持され続けるブランドになる。そのためのスタッフやお店の在り方、商品の在り方を作っていく。そしてSTUDIOUSの価値観を広め、世の中に影響を与えるような企業を目指しています。 求める人材は、仕事に夢中になれる人、企業理念に夢中になれる人、自分の思いをドライブできる人。とことん仕事に没頭し自分の価値を高め、会社にも世の中にも貢献していってほしいと思います。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏