INTERVIEW

夢を実現できたのは、
夢を否定されたから

熊沢 俊哉

2009年入社

STUDIOUS BUYING MANAGER

SCROLL

PAST

NOW

VISION

バイヤーを目指し入社。挫折、そして…

PAST

NOW

VISION

バイヤーを目指し入社。挫折、そして…

バイヤーをやりたい、若くて大きな仕事をしたいという思いから、その両方が叶うTOKYO BASEを希望しました。 晴れて入社することができ、バイヤーを目指して日々仕事をしていたのですが、ある時言われたのは「バイヤーの夢を諦めたら?」という厳しい言葉。もちろんショックを受けましたが、逆に何をするべきかハッキリした瞬間でもありました。その翌日、一旦バイヤーを目指すのではなく、営業で1番を目指す旨を代表に報告し、営業に全力をそそぎました。 その営業実績が評価され、現在はバイヤーを任されています。営業で培った経験が強みとなり、バイヤーになってからとても活きています。仕入れた商品や作った商品の評判がよく、現場で取り合いになっている時は、強みが活かされていることを特に感じます。

PAST

NOW

VISION

成果で評価する分かりやすさ

PAST

NOW

VISION

成果で評価する分かりやすさ

現在はバイヤーとして、仕入れや新規取引先の発掘、展示会周りなどをしています。仕事柄、交渉をすることが多く、いかに相手に心を開かせて有効なコミュニケーションを図れるようにできるかを常に意識しています。営業での経験はここでも活きており、口説き落とす話術などはだいぶスキルアップしたと自負しています。 一緒に働くスタッフは、自分のために働き、成果に貪欲で意識が高い人が多いです。働く場としては、成果で評価する分かりやすい企業だと感じます。渋谷近辺に住むと手当がもらえる渋谷手当という制度もあるので、都市部で働くにはとてもありがいです。

PAST

NOW

VISION

不明確なブランドイメージを統一させる

PAST

NOW

VISION

不明確なブランドイメージを統一させる

これから目指すのは、バイヤーとしてもっと結果を出し、STUDIOUS事業部ディレクターになることです。そして、ブランドイメージの統一を図りたいと考えています。現状、企業理念以外で「STUDIOUSとは」というブランドイメージが不明確で、社内でも不統一です。それでは社会に伝えるべきものが伝わりません。まずは社内全員が共通のブランドイメージを持ち、社員全員が話せるようにしていきたいと思っています。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏