INTERVIEW

洋服屋らしからぬ会社

前原 美紀

2015年入社

STUDIOUS SHOP MANAGER

SCROLL

PAST

NOW

VISION

「ビジネスできる服好き」になる

PAST

NOW

VISION

「ビジネスできる服好き」になる

以前は古着のバイイングをしていました。しかし、古着の需要は減少する一方。金銭的にも決していいとは言えないという状況で、このままではダメだと思い転職を決意しました。服が好きだったので働くならアパレル系と決めて、様々な会社を見ました。その中で洋服屋らしからぬイメージを感じたTOKYO BASEの面接を受け、今に至ります。 やりたいことは、単なる「服好き」ではなく、「ビジネスできる服好き」になること。そのためのヒントを、ベンチャーで下克上な環境であるこの会社で見つけようと思っています。

PAST

NOW

VISION

成長したいなら、常に1番を狙う

PAST

NOW

VISION

成長したいなら、常に1番を狙う

今は店長として、営業やバイイング、スタッフ育成など店舗に関わることを幅広くやっています。STUDIOUSになんらかのイメージを持たれている方がいらっしゃった場合は、なるべく無くすようにし、もっととっつきやすく、親近感を持ってもらおうと日々取り組んでいます。 当社で働く上で大切なことは、現状に満足、安心しないこと。例えば、お客様の来店が少なければ自分から捕まえに行く。売上は常に全店舗中トップを狙う。一番でなければ意味がない、というくらいの気持ちがないと、ここでは何もできません。 社員同士はあまり近くなりすぎない距離感を保っているように思います。決して殺伐としているわけではなく、仕事上意見を言える関係を壊さないようにしています。

PAST

NOW

VISION

仕事の意味は、すぐには分からない

PAST

NOW

VISION

仕事の意味は、すぐには分からない

入社してくる人のなかには、「イメージと違う」という理由で辞めていく人がいます。私も20前半の時は「こういうことをして何の意味があるのだろう」と疑問を持ちながらも素直に実行していました。しかし、無駄だと思うことこそが、今の私の基盤になっている。清掃、挨拶、礼儀、常識。いまだに自分をアピールすることが苦手で、損をすることも多いですが、結果を出すために貪欲にひたすらに仕事をしてもいいんじゃないか、と最近思い始めています。 まずはWOMENS神南店を安定的に数字が取れるお店にします。そしていつかNY出店を果たし、海外進出を盛り上げていきたいです。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏