INTERVIEW

「労働」ではなく「仕事」をしたい

南 沙織

2015年入社

STUDIOUS CHIEF MANAGER

SCROLL

PAST

NOW

VISION

結果主義にこだわり続けた

PAST

NOW

VISION

結果主義にこだわり続けた

結果主義に強いこだわりを持っていました。人に動かされるのではなく、自分の思いや考えを仕事に反映させたい。働くのではなく、仕事をするという意識を持ちたいと思い、結果主義を貫くTOKYO BASEに惹かれました。 店長を任されたことは、結果主義への思いをより強く感じた出来事のひとつです。売上を上げるために常にチャレンジすること、待ちの姿勢ではなく能動的に行動すること。自分の考えを反映させ結果を出していくことは、自分が求めていた働き方でした。

PAST

NOW

VISION

成長のために、ダメなことはダメと伝える

PAST

NOW

VISION

成長のために、ダメなことはダメと伝える

この会社は、やればやるだけ自分に返ってきます。自分の強みを最大限活かして結果を出すことが、会社の成長にも自身の成長にも繋がる。自分のやれる仕事が無限大にあるという環境は、楽しくて仕方ないですね。 現在は人材採用、育成、バイイング、商品企画など、STUDIOUS WOMENS事業の統括をしています。スタッフ育成において意識してるのは、ダメなことはダメと伝えること。仕事上だけでなく、社会人的マナーも同様です。会話も仕事の愚痴ではなく、今後をどう変えていくかを話すようにしています。

PAST

NOW

VISION

会社のためではなく、自分のために仕事をする

PAST

NOW

VISION

会社のためではなく、自分のために仕事をする

TOKYO BASEの理念を実現させるためにも、各ブランドの強化は非常に大きな課題です。まず自分の貢献できることとしてSTUDIOUS WOMENSの事業拡大、ゆくゆくは海外進出を目指しています。 また、会社の成長とともに自分も常に成長させていくつもりです。仕事もプライベートも充実しているお洒落キャリアウーマンと思われる人を目指して、日々努力しています。 TOKYO BASEに入社する人に求めるのは、会社のためではなく自分のために仕事をするという意識です。会社の駒になって働くのではなく、自分からすすんで仕事をすることを心がけてください。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏