INTERVIEW

独立の最短ルートを求めて

中村 勇貴

2013年入社

STUDIOUS SHOP MANAGER

SCROLL

PAST

NOW

VISION

独立するための最短ルート

PAST

NOW

VISION

独立するための最短ルート

自分のセレクトショップを立ち上げるという夢があり、就職活動でもアパレル業界一本に絞っていました。独立するために必要な知識や経験、人脈、資金が最短で手に入る会社はどこか。インターンシップなどにも積極的に参加して情報を集め、当社ならばと思い入社を決意しました。 大きな転機となったのは、2年目で原宿2nd店の店長に任命された時です。それまで自分の結果だけを意識して働き、成果を上げてきたのですが、店長としての仕事はそれだけではありません。一緒に働くスタッフがいかに成長するか、そして結果を出すかまでフォローする。自分の結果だけでなく、一緒に働くスタッフの結果を考えるようになったことは、自分のなかで大きな変化でした。

PAST

NOW

VISION

仕事を楽しむには結果が必要

PAST

NOW

VISION

仕事を楽しむには結果が必要

現在は九州2店舗目の博多店のマネージャーを任されています。初めてメンズ・ウィメンズ複合の店舗を担当することになり、ウィメンズのマネジメントの難しさを日々感じています。しかし、結果を出さずして仕事が楽しくなることはないと思っているので、結果に対しては常に貪欲に。そして結果が出るまで決して諦めない。この点は徹底的に意識することでもあり、自分の最大の強みでもあります。 入社前から結果主義だということは伝え聞いていましたが、その通りの会社でした。結果主義で厳しくもあり、部署や役職などの隔たりを感じずにコミュニケーションできます。僕自身も社長の谷と飲みに行くことも。上司との距離が近いことはとても幸せなことだと思います。

PAST

NOW

VISION

「社長を超えるにはどうしたらいいか」を常に意識する

PAST

NOW

VISION

「社長を超えるにはどうしたらいいか」を常に意識する

将来の夢である独立に向けて、「谷を超えるためにはどうすればいいか」という意識を常に持っています。ポジションとしては、まず福岡エリアのDIV.マネージャーになり、福岡エリアの年間予算の達成させる。そして日本の品質の高さやきめ細かさ、日本独特のサービスを海外へ広めていこうと思っています。 厳しい言い方かもしれませんが、どのような世界でも「結果」が全てです。自分のやりたいことをやるためには「結果」が必要です。厳しい環境下でも結果に対して貪欲になり続けることのできる仲間を求めています。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏