INTERVIEW

スタッフの人生を背負う覚悟を持つ

大庭 敏幸

2011年入社

STUDIOUS MENS DIVISION MANAGER

SCROLL

PAST

NOW

VISION

店長に必要な「スタッフの人生を背負う覚悟」

PAST

NOW

VISION

店長に必要な「スタッフの人生を背負う覚悟」

TOKYO BASEで働く前から、顧客としてSTUDIOUS原宿本店に足を運んでいました。他のショップと比べて、洋服の着方や物の良さなどを伝える視点があり、ファッションの面白さをより感じさせてくれた。そして何よりも、イキイキと働くスタッフが多く、こんなところで仕事をしてみたいと思うようになりました。 店長を任された時は、初めてのことばかりでとても大変でした。当たり前のことですが、人は十人いれば十人とも違います。店長としてスタッフと真剣に向き合うようになって、十人十色を強く実感しました。前店長から言われた「店長はスタッフの人生を背負う覚悟で面倒をみろ」という言葉の重みがよく分かった経験になりました。

PAST

NOW

VISION

結果を出すスピードを最短化する

PAST

NOW

VISION

結果を出すスピードを最短化する

入社して感じたのは、良い意味でベンチャーならではの結果への執着が強いということ。働くスタッフも、仕事もプライベートも100%の力でプロとして楽しみながら取り組んでおり、メリハリを持っている人が多いです。意識の高いスタッフに囲まれ、同じ方向に向かって働けることのやりがいや楽しさは、他ではなかなか味わえないと思います。 現在は大阪エリアのDIV.マネージャーとして、とにかく結果を出すスピードを意識しています。例えば、従来ならば結果が出るまでに2、3ヶ月かかる仕事を、どうやって1ヶ月程度で達成させるかなど、従来の見方では生み出されない発想の創出を常に探し求めています。

PAST

NOW

VISION

自分が正しいと思える仕事をするために

PAST

NOW

VISION

自分が正しいと思える仕事をするために

「日本発ファッションスタイルを世界へ」という当社のヴィジョンは、他企業ではなし得ていない成功のカタチであり、それを成功させるためには今まで以上に結果を出す必要があります。まずは土台である国内売上の最大化、顧客・ファンを作る。自分は営業のトップポジションを目指し、自分が正しいと思えることを行えるようにしていきたいと思います。 TOKYO BASEで働きたいと思う方は、会社のためではなく、自分のために働くという意識を持ってください。夢のため、お金のため、働きがいなど何でもよいのですが、働く上でブレない軸をもつことは非常に重要です。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏