INTERVIEW

大切なのは、「仕事をしないこと」

崎原 早恵

2012年入社

STUDIOUS CITY ZOZOTOWN STORE MANAGER

SCROLL

PAST

NOW

VISION

ゼロから需要を生み出す仕事

PAST

NOW

VISION

ゼロから需要を生み出す仕事

小さく結果主義の会社なので能動的に仕事ができる、仕事を自分で作っていける点はとても魅力でした。そして何より、「日本発ファッションスタイルを世界へ」というヴィジョンに強く魅かれました。 入社してから新店舗の立ち上げを何度か経験しましたが、UNITED TOKYOという新ブランドの立ち上げはとても貴重な経験でした。他店の打ち出しているものや売れているものと、あえて違う「自分たちらしい提案」をマーケットに浸透させ、他にはない魅力的なものを創造する。そうやってできたものが売上の要になることが多く、ゼロから需要を生み出すことの重要性を感じました。

PAST

NOW

VISION

独立後のことを意識して仕事をする

PAST

NOW

VISION

独立後のことを意識して仕事をする

結果主義というイメージは入社後も変わりません。店長としてお店の数字構築とスタッフ育成をし、いかに結果を出すかを突き詰めて考えています。ただ、将来は当社を卒業してもやっていけるように、と考えています。表層的な「チーム」や「意見」、既存の手段を捨ててゼロにするスピード感、誰よりも1つのことに集中する時間と120%のパフォーマンスを常に出すことを求め、仕事の優先順位を決め、得意とすることを伸ばすように意識しています。

PAST

NOW

VISION

「仕事」と思ってはいけない

PAST

NOW

VISION

「仕事」と思ってはいけない

これからの目標は、自分にしかできないこと、熱量を持ってやれること日々探し、突き詰めていくことです。結果を出すことを「仕事」と思ってしまうと、「やらなければいけない」という気持ちが先行してしまい、優先順位と関係ないことをやり始めてしまうこともあります。結果を出すことはボールをゴールまで運ぶことと、その楽しさであり、「仕事」ではない。自身が成長していく過程を結果とともに楽しんで欲しいという思いは、これからTOKYO BASEに入る人にも持っていてほしいと思います。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏