INTERVIEW

佐々木 千春

2018年入社

PUBLIC TOKYO商品部 MEN’S MD

SCROLL

PAST

NOW

VISION

孤高のバランサーであれ

PAST

NOW

VISION

孤高のバランサーであれ

*代表的職歴:大手セレクトショップ販売マネージャー/MD
販売時代は洋服が人に与える影響を目の当たりにして、ファッションの持つパワーを体感、マネージャー時代は目標に向けて自分のショップを最高の店にする事ができるかを実践と共に学びました。MDになり数値的ロジックや人を巻き込むテクニックを学び、また海外の買い付けやコンテンツを集めるなどの感度軸を高める事が出来ました。今までの経験を踏まえ俯瞰的に見た自分の強みは‘バランス力’。支点(芯)がなければバランスはとれないし、承認欲求が少ない分、ある種の空気を読まない行動ができます。その逆も然り。

PAST

NOW

VISION

0を100へ

PAST

NOW

VISION

0を100へ

PUBLIC TOKYOのMDとして入社し立上げ時期から参画してます。 MD業務はもちろん、販促アイデアや営業管理、ディストリビューションなどを実務として行っています。関わるシーンが多い分ブランドを作り上げているのを強く実感出来てやりがいを感じると共に実働においては選択と集中が非常に重要に感じています。5ヴィジョンの‘NEXT MADE IN JAPAN’‘全世界顧客感動’に向けて現在特に集中しチャレンジしていることは、ブランドらしさを追求し、誰も知らないブランドを誰もが知るブランドにする為に圧倒的価値を生み出し提供していくことです。PDCAを怠らずにスピード感をもってトライ&エラーを繰り返し行い必ずPUBLIC TOKYOを成長させていきます。

PAST

NOW

VISION

MADE IN JAPAN世界へ

PAST

NOW

VISION

MADE IN JAPAN世界へ

TOKYO BASEの第3の柱としてPUBLIC TOKYOで年間売上300億を目指します。その為のステップとしては海外での成功の積み上げが非常に重要だと考えます。 立上げから1年間で海外に2店舗オープンとなりましたが、ブランドの認知や強みをより波及させていく必要があります。その為には先見性を備え海外で通用するだけの商品力、営業力、発信力、など様々な課題をクリアしていく事が不可欠です。私たちの強みはスピード感と行動力、そして何よりもMADE IN JAPANである事。誇りと信念と商魂をもってこれを最大限に活かして愚直且つ緻密に実践していきます。この高い志と創造性ある行動力を持った方が新たに組織に加わるのを楽しみにしています。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏