INTERVIEW

いかに顧客感動を生み出すか

佐藤 克徳

2009年入社

UNITED TOKYO 営業部長

SCROLL

PAST

NOW

VISION

幸福につなげる働き方

PAST

NOW

VISION

幸福につなげる働き方

TOKYO BASEは整った環境があるというより、これから自分たちで創り上げていく場です。与えられる仕事もポジションも、自分の働き次第。自分の行動、裁量権で仕事を進め、結果を出していくことで会社の成長を支え、さらに自分の成長にもつながります。その可能性の大きさは非常に魅力的でした。 今までに何度か異動を経験しましたが、どの環境でも大切なのは、結果を出すこと。中期的視点を持つこと以上に、目の前の結果こそが自分を含めた働いているスタッフの幸福につながる。先のことまで見通すことは必要だが、結果がでなければ先に進めません。結果を出すために人を動かし、結果を出すからこそより結果の出しやすい環境を作れるのだと思います。

PAST

NOW

VISION

自動販売機になるな。リアル店舗ならではの面白さ

PAST

NOW

VISION

自動販売機になるな。リアル店舗ならではの面白さ

UNITED TOKYO事業部営業部長として、採用、教育、ディベロッパーとの交渉、などを担当しています。もちろんそれに加えて自分も接客を行います。接客する上で常に意識するのは、ものを売るだけの自動販売機になるなということ。お客様に楽しさや面白さなど、リアル店舗ならではの醍醐味を伝えることが私たちがすべきことだと思っています。 当社は常に変化し続けています。そのなかで結果を出し続けるために、とにかく結果を出すことだけを考える。何が必要を分析し、行動につなげていく。自分次第でいかようにも成長できる環境が大いにあります。 目的や目標が同じ社員たちは同志であり仲間、そしてライバルでもある。いい刺激をもらいながら働くことができます。また、単身赴任中ですが、家族の負担にならないよう単身赴任手当があることも、より働きやすい環境を作っています。

PAST

NOW

VISION

与えられた仕事に120%の結果で返す

PAST

NOW

VISION

与えられた仕事に120%の結果で返す

「日本発ファッションスタイルを世界へ」という理念を実現するために、まずはUNITED TOKYOを世界で通用する日本ブランドに成長させます。ブランドが成長していくなかで、多くのお金を生み、動かせるポジションを任せられる人材になることを目指し、行動しています。 当社で働くのであれば、与えられた仕事に対し100%の結果で返す、そして100%をいかに120%にするかを考える習慣をつける。結果を出していけばやりがいを感じ、お金もあとから付いてきます。未来は自分でしか変えられません。どんな人になりたいか、どんな目標を達成したいか。よく考え、結果を出すために行動することを心がけましょう。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏