INTERVIEW

選んだ理由は、
大好きなアパレルで成功を掴むため

澤之井 頌子

2014年入社

STUDIOUS SHOP MANAGER

SCROLL

PAST

NOW

VISION

東京で手にした成功へのチャンス

PAST

NOW

VISION

東京で手にした成功へのチャンス

私の将来の理想像は、「好きなことを仕事にし、オンもオフも200%充実した生活を送ること」。 昔から洋服が大好きで、学生時代、前職では、稼いだお金のほとんどをお洋服に費やしていたほど。社会人になって初めて生まれ故郷を離れ、せっかく東京に出てきたからには、好きなことで成功するために挑戦したいという思いが生まれ、チャンスがあると確信したこのTOKYO BASEを選びました。 名古屋に転勤になり、店長に就任したことは大きな転機でした。今まで自分の結果にしかこだわっていなかったのですが、店長という立場になったことで、価値観や考え方が180度変わりました。今は、スタッフに結果を出させてあげることが一番の仕事のやりがいになっています。

PAST

NOW

VISION

常勝店舗になるために何が必要か

PAST

NOW

VISION

常勝店舗になるために何が必要か

社内の雰囲気は、全社員の顔と名前が一致するくらい交流があり、フレンドリーです。上下関係がなく、とても活力と勢いを感じます。また、社外の方と関わることも多く、礼儀を保ちつつ、いつ何時でもオープンマインドでいようと心がけています。相手に心を開いてもらいたいなら、まず自分が心を開いて接するように、と意識しています。 兼任で2つの店舗の店長を任され、スタッフ育成や数字の管理など重要な仕事にあふれています。常勝店舗になるためになにが必要か。数値分析能力、事前準備などまだまだ課題はありますが、スタッフとともに乗り越えようと奮闘しています。

PAST

NOW

VISION

自分のファッションスタイルを持とう

PAST

NOW

VISION

自分のファッションスタイルを持とう

ドメスティックブランドが世界に羽ばたく為には、まずはそのブランドが売れて、資金調達ができなければなりません。そのために私は、より多くのブランドをより多く販売し、そのブランドの資金調達と知名度向上に貢献しています。WOMENS人材の育成と事業体制の強化も行い、TOKYO BASE WOMENS事業に欠かせない人物を目指します。 新入社員に求めるのは、ファッションスタイル含め、自分のコアがあること。また、素直で柔軟性があり、責任意識を持って諦めずに愚直に進んでいける人であれば尚良いです。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏