INTERVIEW

会社の成長を担うのは、自分の力

高嶋 耕太郎

2016年入社

取締役 EC事業部長・STUDIOUS事業部長

SCROLL

PAST

NOW

VISION

自分の力で1000億企業に成長させる

PAST

NOW

VISION

自分の力で1000億企業に成長させる

2015年にTOKYO BASEが上場することを知った時に、これは何かあるぞと思ったんです。興味を持って調べていくと、今まで以上に成長していくだろうこと、それに自分との親和性がとても高いだろうと感じ、直接連絡をして面談を受けました。 取締役に就任した際に決意したのは、会社のためにも、株主のためにも必ず利益を上げ続けるということ。思ったこと、やりたい事を、スピード感を持って行動し、トライアンドエラーを繰り返すことによってEC化率を約5%上げる事ができた事は自分自身の自信に繋がりました。 この会社は成長の真っ最中です。自分の力次第で1000億円規模の会社に成長させるチャンスがある。とにかく結果主義で、結果を出していけば若いうちから仕事を任せてもらえます。

PAST

NOW

VISION

急成長を支える結果主義

PAST

NOW

VISION

急成長を支える結果主義

取締役・事業本部長として会社全体の売上と営業利益の最大化が自分のつとめです。1円でも無駄な経費を削減し、1円でも多くの利益を残すことを意識しながら、全ての経営課題を改善する事、そして、過去の延長線上にはないという思いのもと、新しい事に挑戦し続けています。自分のつよみは行動力、そしてロジックで目標、そしてその具体的アクションプランを作成し、PDCAサイクルを高回転できること。現状の成長率に満足することなく、挑戦しながらも基本的な事を精度高くやり続けられるプロ集団になる為に、経営陣も、奮闘しています。Off line では経営陣も、スタッフも上下関係なく、フランク。On lineでは、お互いプロとして、真剣に仕事に向き合える、On offが明確な雰囲気で全社一丸となって前に向かっています。

PAST

NOW

VISION

求めるのは、誰よりも早く失敗するための行動力

PAST

NOW

VISION

求めるのは、誰よりも早く失敗するための行動力

どの様な事をやれば年商1.000億をスピード感を持って達成させる事ができるかが直近の第一優先の目標です。その為であれば、ポジションとか小さい事を気にせず、何でもやり遂げたい、そしてこの会社を使ってファッション小売を根本から変え、世界に対し挑戦し、TOKYO BASEの名前を世界に広げ、TOKYO BASEに関わるすべての人に夢と、感動を与えることを成し遂げたいと思います。TOKYO BASEのヴィジョンはただの会社としてのヴィジョンではなく、日本人全員に対するメッセージなんです。自国の文化で世界に挑戦してそれが通用することを国民全員で示していくそんな世の中を創っていきたいですね。若いうちは、とにかく足を動かしましょう。ロジックも大事ですが、何よりもまず行動する気持ちを持って、誰よりも早く一歩目を出す。そして誰よりも早く失敗できる人でないと、経験値が上がりません。本やインターネットで知って満足する人がいますが、自分自身の失敗を通して経験した人と、情報だけしかない人では雲泥の差があります。机上ではなく、現場のスピード感を持って行動できる人を求めています。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏