INTERVIEW

宇城 千智

2018年入社

PUBLIC TOKYO商品部 WOMEN’S MD

SCROLL

PAST

NOW

VISION

自分の想いに胸を張って働くために

PAST

NOW

VISION

自分の想いに胸を張って働くために

*代表的職歴:大手アパレルメーカー店舗管理/MD
私の実家は縫製工場を営んでいます。その為日本のものづくりについて強い思い入れを感じていた反面、日本のアパレルに対する不安を強く感じていました。新卒時は「自分が日本の工場を救う」という気持ちで入社をし、MDとして計画的に素材メーカーと協業や工場と連携等その重要性を知るからこそできる活動に奮起し、それらを通してコミュニケーション力を培ってきました。しかしコスト的に海外生産に移行し、自分自身がその選択をしなければならない想いと会社の方向性の違いに悩みも多かったです。そんな時にTOKYO BASEに出会い、「日本初を世界へ」という企業理念に共感し、ここでなら前職で培ったスキルを活かしながら、自分の想いに胸を張って仕事ができると確信できたので転職を決めました。

PAST

NOW

VISION

裁量権が大きく、責任ある仕事ができる環境

PAST

NOW

VISION

裁量権が大きく、責任ある仕事ができる環境

現在はPUBLIC TOKYO WOMENS MDをしています。MDは前職と比べて良い意味で全然違います。TOKYO BASEのMDは本当に仕事の幅が広く、アパレル業界でのいわゆるMD業務としての商品企画や販売計画だけでなく、より営業面や販促面等ブランド運営全般に携わることができます。 結果に強く拘り、職種という枠を超えて目的達成に向けて今自分が一番効果的だと思うことを実行するようにしています。一人ひとりの裁量権が大きく、年齢や経験問わず責任のある仕事ができる環境は、プレッシャーもありますがやりがいも一入です。5ヴィジョンの1つ‘NEXT MADE IN JAPAN‘に向けて推進していきたいです。

PAST

NOW

VISION

企業理念を体現することで、日本のアパレルを成長させたい

PAST

NOW

VISION

企業理念を体現することで、日本のアパレルを成長させたい

「日本発を世界へ」という企業理念の実現に向け、まずは立ち上げから携っているPUBLIC TOKYOを、世界に通用する日本ブランドにしていきます。私は単純に日本製=上質とは思っていません。もちろん優れた技術を持つ工場はたくさんありますが、日本のアパレル産業全体としては、厳しい言い方をすれば、それだけの競争力がなく需要がないから衰退しているという現実もあります。質の高い商品を提供できるかどうかは、私たちの拘りや想いを、いかにメーカーや工場に伝えられるか。それに尽きます。 自分自身を成長させ、ブランドの成長と共に日本のアパレル産業の成長と振興に貢献していける人間を目指しています。過程ではなく、目的意識と責任感を持って結果に拘る。そのような方と一緒に働けることを楽しみにしています。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏