INTERVIEW

知名度ゼロからのスタート

渡辺 知美

2012年入社

CITY DESIGNER

SCROLL

PAST

NOW

VISION

知名度ゼロ。チャレンジできる環境がそこにあった

PAST

NOW

VISION

知名度ゼロ。チャレンジできる環境がそこにあった

入社した当時、WOMENSの知名度はとても低かったです。知人の紹介でTOKYO BASEに入社した私も、紹介されるまで全く知りませんでした。それほど小さなブランドでしたが、これから大きくしていくというステージに携われることは、自分がやりたいことを発揮できるチャンスでもありました。 最初は池袋店のオープニングスタッフとして入社。ちょうど一年後に、営業部からSTUDIOUS WOMENSの企画、生産管理に異動しました。現場で感じたお客様のニーズを商品に落とし込むことができるので、とてもやりがいを感じています。

PAST

NOW

VISION

現場でしか感じれないお客様のニーズ

PAST

NOW

VISION

現場でしか感じれないお客様のニーズ

ブランドの企画、生産管理という仕事の性質上、本社にいることが多いのですが、なるべく現場とのコミュニケーションを大切にしています。現場のスタッフにかわいいと思ってもらえるものが売れ筋になっていくと思うので、現場の意見はとても貴重なんです。私自身も現場を経験しているので、今も変わらず現場に行きお客様と関わることで、そのニーズを企画に落とし込むようにしています。 現在の仕事は CITYの企画、生産管理。まだまだ規模の小さいブランドなので、スタッフ間のチームワークは重視しています。常日頃から連絡は欠かさず、店舗に足を運んでコミュニケーションも取るようにしています。

PAST

NOW

VISION

結果主義のなかで、常に謙虚でいること

PAST

NOW

VISION

結果主義のなかで、常に謙虚でいること

今後は、まずCITYのファンを増やしていきます。そのためにもブランドをもっと進化させなければいけないですし、自分自身の成長も必要です。現状スキルも知識も足りてないので、もっと掘り下げて勉強し、他社の方と交流をもって情報を得たり、さらなる成長を常に意識しています。 会社が大きくなるにつれて、周りからの自分の評価も変わってきます。しかしそれは、会社の成長でしかありません。浮かれることなく、地に足をつけて、おごらず感謝の気持ちを忘れないようにする。常に謙虚、と思われる人になるよう努めています。 TOKYO BASEは結果主義の会社なので、年齢や経験関係なく自分次第でやりたいことができます。やりたいことを明確にし、常に結果にこだわりたい、成長したいという人はぜひ当社を受けてみてください。

PEOPLE

TOKYO BASEの舞台裏